北摂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兵庫県阪神間大阪府北部の地図。青の豊能地域と水色の三島地域が大阪府の「北摂」、赤と桃色が兵庫県の「北摂」に当たる阪神北県民局管内(濃い赤は阪神南県民センター管内で、摂津国を二分または三分した場合の「西摂」に含まれる)。

北摂(ほくせつ)は、令制国摂津国北部に由来する地域名称。一般的には現在の大阪府北部を指す場合が多いが、兵庫県南東部内陸の阪神北地域などを指す場合もある。

概要[編集]

摂津国の中心であった大坂からの方位に基いて、島上島下豊島能勢の四郡が北摂、川辺有馬武庫菟原八部の五郡が西摂(せいせつ)と呼ばれた。この場合の北摂が現在の大阪府北部にあたり、兵庫県南東部は西摂にあたる。

一方、単に「摂津国の北部」に当たる地域を指す場合もあり、この場合の「北摂」は川辺郡北部や有馬郡北部、武庫郡の一部を含むことになる。特に顕著なのが三田市で「北摂」を冠称のように使用している[1]。なお、兵庫県では阪神北県民局管内の4市1町(地図上の赤と桃色の地域。桃色は稀に「阪神間」から除外される場合がある)を兵庫県域における「北摂」と定義しており、大阪湾に面する阪神南県民センター管内(地図上の濃い赤の地域)は含まれない。

古代よりから山陽道に抜ける西国街道が通り、豪族や寺社の荘園が広がる地域であった。近世には幾つかの数万石クラスの小規模藩ができ、廃藩置県後に大阪府と兵庫県に分かれて属することになった。現在では、北摂山系の南側に伊丹空港東海道・山陽新幹線名神高速道路中国自動車道阪神高速道路といった交通インフラが集中し、人だけではなく物流についても地区内の往来が激しい地域となっている。北大阪急行沿線を中心に転勤族が多く住むことでも知られている。

大阪府北摂地域[編集]

大阪府内の北摂地域は、豊能郡三島郡の旧郡域に基づき、下記の2つの地域から構成される。

豊能地域
面積 239.36km2
総人口 661,153
(平成27年国勢調査)
人口密度 2,762人/km2

豊能地域[編集]

豊能地域(とよのちいき)は大阪府北西部の、現在または過去の豊能郡(豊島郡と能勢郡)域に当たる地域である。

大阪府域に占める豊能地域の割合は、面積:12.6%、人口:7.5%。
現在、大阪府は下記の3市2町を豊能地域(地図上の青の地域)とし、大阪府豊能府民センターを設置している。
三島地域
面積 249.60km2
総人口 1,121,567
(平成27年国勢調査)
人口密度 4,493人/km2

三島地域[編集]

三島地域(みしまちいき)は、大阪府北東部(淀川右岸)の現在または過去の三島郡(旧島上郡・島下郡)域に当たる地域である。

大阪府域に占める三島地域の割合は、面積:13.1%、人口:12.7%。
現在、大阪府は下記の4市1町を三島地域(地図上の水色の地域)とし、大阪府三島府民センターを設置している。

ただし、両地域と旧郡域は完全には一致しておらず、吹田市と豊中市の境界付近や箕面市東部・豊能町の一部はその例となっている。また、市町村の枠を超えた広域行政のほとんどは両地域合同のものとなっている。

兵庫県北摂地域[編集]

兵庫県が「北摂」と定義している阪神北地域は旧郡域と一致しておらず、川辺郡の北部、有馬郡の北部、武庫郡の北東部といった曖昧なものとなっている。

阪神北地域
面積 480.84km2
総人口 722,081
(平成27年国勢調査)
人口密度 1,502人/km2

阪神北地域[編集]

阪神北地域(はんしんきたちいき)は、兵庫県南東部にある「阪神間」と呼ばれる一帯の北側に当たる内陸地域である。

兵庫県域に占める割合は、面積:5.7%、人口:13.0%。
現在、兵庫県は下記の4市1町を阪神北地域(地図上の赤と桃色の地域)とし、阪神北県民局を設置している。

なお、有馬郡の旧郡域は、神戸市北区のうち旧有馬町有野村道場村八多村大沢村長尾村西宮市のうち旧塩瀬村山口村にも及んでいる。

北部の三田市と猪名川町は阪神間から除外されて丹波県民局管内の丹波市(旧氷上郡)・篠山市(旧多紀郡)と合わせて「北摂・丹波」とされたり、三田市のみが丹波市・篠山市と合わせて「丹有」(たんゆう、丹波国西部と有馬郡北部)に区分される場合もある。

丹波国の越境事例[編集]

隣国である丹波国桑田郡(のちに分割されて南桑田郡)の旧郡域にも北摂と呼ばれる地域がある。

現在大阪府域である豊能町牧・寺田地区と高槻市樫田地区は丹波国に属する[2]地域で、それぞれ1958年に京都府から越境編入された経緯がある。一方、現在も京都府域である亀岡市にも「北摂バードタウン」「北摂ローズタウン」、さらには「茨木台」という名称のニュータウンが存在する。

牧・寺田地区と北摂バードタウンは旧西別院村の一部、北摂ローズタウンと茨木台は旧東別院村の一部、その東隣が旧樫田村であった。これらの地区には摂丹国境と分水界が一致しないところがあり、余野川安威川芥川といった摂津国を南流する河川の支流を含む上流域であることが越境の要因と考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 兵庫県の阪神北県民局三田庁舎は「北摂整備局」を前身とする。また、三田市にある高等学校名やニュータウン名、商業施設などに「北摂三田」の名称が使われている他、神戸新聞北摂総局は三田市を担当している。さらには、JR西日本福知山線大阪駅篠山口駅間を結んでいた列車(ホームライナー)は、「ほくせつライナー」の名称で1988年から2002年まで運行されていた。現在は同区間を223系225系で結ぶ丹波路快速が運行されている。
  2. ^ ただし、牧・寺田地区の場合は編入先が豊能郡(旧 能勢郡域)東能勢村であるため、郡の所属変更を起こしており、以降は摂津国とみなす見解もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]