桑田郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都府桑田郡の位置

桑田郡(くわだぐん)は、京都府丹波国)にあった

郡域[編集]

現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。

歴史[編集]

古代[編集]

和名抄』に「国府在桑田郡高低上一日下半日」とあることから、丹波国国府10世紀には桑田郡にあったと考えられている[1]。しかしながら国府の位置は確定できておらず、現在も諸説がある丹波国#国内の施設も参照)山城国との境界に位置し、長岡京平安京遷都によりの近郊地帯となる。郡内には、この他にも丹波国分寺・丹波国分尼寺跡・丹波国一宮出雲大神宮千歳車塚古墳が残り、丹波国の中心地であったことがうかがわれる。

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の

  • 小川郷
  • 桑田郷
  • 漢部郷
  • 宗我部郷
  • 川人郷
  • 荒部郷
  • 池辺郷 - 朝廷の氷室が設置された。
  • 弓削郷
  • 山国郷
  • 有頭郷
  • 横作郷
  • 佐伯郷

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
桑田郡 19座(大2座・小17座)
出雲神社 イツモノ 名神大   出雲大神宮 京都府亀岡市千歳町千歳 丹波国一宮 [1]
(論)出雲神社 京都府亀岡市本梅町平松
桑田神社 クハタノ   (論)桑田神社 京都府亀岡市篠町山本
(論)桑田神社 京都府亀岡市篠町馬堀
三宅神社 ミヤケノ 三宅神社 京都府亀岡市三宅町
小川月神社 ヲカハノツキノ 名神大 小川月神社 京都府亀岡市馬路町 [2]
三県神社 ミアカタノ (参)宗神社 京都府南丹市八木町屋賀
神野神社 カムノノ (論)宮川神社 京都府亀岡市宮前町宮川
山国神社 ヤマクニノ 山國神社 京都府京都市右京区京北鳥居町宮ノ元
阿多古神社 アタゴノ   愛宕神社 京都府亀岡市千歳町国分 [3]
(参)愛宕神社 京都府京都市右京区嵯峨愛宕町
小幡神社 ヲハタノ 小幡神社 京都府亀岡市曽我部町穴太
走田神社 ハシリタノ 走田神社 京都府亀岡市余部町走田
松尾神社 マツノヲノ   松尾神社 京都府亀岡市旭町
(論)請田神社 京都府亀岡市保津町
伊達神社 イタテノ
イタチ
  (論)伊達神社 京都府亀岡市宇津根町
(論)伊達神社 京都府亀岡市余部町
大井神社 オホヰノ 大井神社 京都府亀岡市大井町並河
石穂神社 イハホノ (論)請田神社 京都府亀岡市保津町
与能神社 ヨノノ 與能神社 京都府亀岡市曽我部町寺蛇谷
多吉神社 タキノ
オホヨシノ
多吉神社 京都府亀岡市西別院町柚原北谷
村山神社 ムラヤマノ 村山神社 京都府亀岡市篠町森
鍬山神社 クハヤマノ 鍬山神社 京都府亀岡市上矢田町
薭田野神社[注 1] ヒエタノノ 薭田野神社 京都府亀岡市薭田野町佐伯
凡例を表示
  1. ^ 1字目は「草冠に稗」。

近世以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は南桑田郡#郡発足までの沿革北桑田郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

  1. ^ 『日本歴史地名大系 京都府の地名』(平凡社)丹波国項。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1879年
次代:
南桑田郡北桑田郡