出雲大神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出雲大神宮
Izumo-daijingū keidai-2.JPG
境内
所在地 京都府亀岡市千歳町千歳出雲無番地
位置 北緯35度3分33.86秒
東経135度34分42.28秒
座標: 北緯35度3分33.86秒 東経135度34分42.28秒
主祭神 大国主命
三穂津姫尊
神体 御蔭山(神体山
社格 式内社名神大
丹波国一宮
国幣中社
本殿の様式 三間社流造
別名 元出雲・千年宮
例祭 10月21日
主な神事 粥占祭(1月15日
鎮花祭(4月18日
テンプレートを表示
神体とする御蔭山
手前は宮池。
鳥居

出雲大神宮(いずもだいじんぐう)は、京都府亀岡市千歳町にある神社式内社名神大社)、丹波国一宮旧社格国幣中社で、現在は神社本庁に属さない単立神社

旧称は「出雲神社」。別称として「元出雲」や「千年宮」とも。

概要[編集]

亀岡盆地東部に立つ御蔭山(みかげやま。御陰山、御影山、千年山とも)の山麓に鎮座し、御蔭山を神体山として祀る神社である。

「元出雲」の別称は、出雲大社が出雲大神宮からの分霊とする社伝(後述)に由来する。いわゆる出雲大社明治時代に至るまで「杵築大社」を称していたため、江戸時代末までは「出雲神社」と言えば出雲大神宮を指していた。

重要文化財に指定されている本殿や木造の男神像が伝えられている。

祭神[編集]

主祭神
  • 大国主命 (おおくにぬしのみこと)
    出雲大神宮では、別名を「三穂津彦大神」や「御蔭大神」とする。
  • 三穂津姫命 (みほつひめのみこと)
    高産霊尊の子で、大国主の国譲りの際に大国主の后となったと伝える。
配祀神

祭神に関しては、天津彦根命・天夷鳥命・三穂津姫命の3柱とする説や、元々は三穂津姫尊1柱のみであるという説もある。

出雲大社との関係[編集]

出雲大神宮は「出雲」を社名としているが、島根県の出雲大社や亀岡市内にあるその京都分院(亀岡市下矢田町)とは別法人の神社である。

祭神の大国主命については、一般には出雲国の出雲大社(杵築大社)から勧請したとされている[1]。ただし社伝では逆に、出雲大社の方が出雲大神宮より勧請を受けたとし、「元出雲」の通称がある。社伝では、『丹波国風土記逸文として「元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があるとする[2](ただし、社伝で主張するのみでその逸文も不詳)。

出雲大社との多少の関係はあり、境内に立つ「国幣中社 出雲神社」の社名標は出雲大社の元宮司・千家尊福の筆によるものである。

歴史[編集]

創建[編集]

創建の年代は不詳。前述のように社伝では、『丹波国風土記逸文として「元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があるという[2]

社伝では、和銅2年(709年)10月21日に社殿が建てられたとする[3][4]。『古事記』・『日本書紀』には国譲りの神事が記載されるが、丹波国は出雲大和の両勢力の接点にあり、国譲りの所由によって祀られたとされる[3]

境内には横穴式石室を持つ後期古墳があるほか、西南には口丹波最大の前方後円墳である千歳車塚古墳があり、古くから御蔭山を神体として祀る氏族がいたと推測されている[5]

概史[編集]

国史の初見は『日本紀略』の弘仁8年(818年)12月16日条「丹波国桑田郡出雲社、名神に預る」という記述であり、この時代にはすでに有力な神社になっていたことがわかる。

平安時代中期の『延喜式神名帳』では「丹波国桑田郡 出雲神社」と記載され、名神大社に列している[6]正応5年(1292年)には、雨乞いの功を示したことから神階が最高位の正一位まで昇った。

貞和元年(1345年)、足利尊氏により現在の社殿が造営されたとされる。

明治4年(1871年)5月14日に近代社格制度において国幣中社に列した。また、神宮寺を現在の極楽寺に借地移転した。極楽寺所蔵で重要文化財に指定されている十一面観世音菩薩像は、神宮寺時代に安置していたものとされる。

戦後、現在の「出雲大神宮」に改称した。

神階[編集]

境内[編集]

山麓[編集]

本殿(国の重要文化財

本殿は室町時代前期、足利尊氏による元徳年間または貞和元年(1345年)の改修と伝える。三間社流造で、前室を有し、屋根は檜皮葺である。装飾は蟇股・手挟程度にとどめたうえ、太い木割を使用した豪壮な社殿になる。国の重要文化財に指定されている[8][9]

拝殿は入母屋造妻入、檜皮葺で舞殿形式。明治11年(1878年)造営。

境内には「真名井の水」と呼ばれる湧き水がある。マグマ接触変成岩層から湧き出している。古来より御神水と崇められてきたという[10]

山中[編集]

古来より御蔭山は国常立尊の鎮座する地として禁足地とされた。現在も立ち入り可能なのは、国常立尊を祀る磐座までの参道のみである。

摂末社[編集]

かつては36社の摂末社を有していたと伝わる。現在は下記の8社が残る。

摂社[編集]

上ノ社
黒太夫社(下ノ社、右)
左は祖霊社。
  • 上ノ社
    祭神は大国主命の祖先にあたる。社殿は文化10年(1813年)の造営とされる。大型の一間社流造で、一間社としては珍しく前室を有する[8]
  • 黒太夫社(下ノ社)
    西鳥居を出た突き当たりに鎮座。黒太夫社は当地の氏子・祖先神を祀ると伝える。そのため、本殿の参拝前に黒太夫社に参拝するのが正しい順番とする。

末社[編集]

主な祭事[編集]

年間祭事[編集]

鎮花祭[編集]

4月18日に行われる大祭。出雲風流花踊(京都府登録無形民俗文化財)が奉納される。本来は雨乞いの踊りだったとされる。

一時断絶していたが大正13年(1924年)に再開された。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 本殿(建造物)
    室町時代前期。明治39年4月14日指定[9]
  • 木造男神坐像 2躯(附 木造男神坐像 1躯)(彫刻)
    平安時代(附は鎌倉時代)の作。本殿内陣の三間に神体として祀られている男神像3躯。主神像は大国主命像と伝え、カヤ材を使用し、9世紀末から10世紀初め頃の作風を示す。平成8年6月27日指定[11]

京都府登録文化財[編集]

  • 無形民俗文化財
    • 出雲風流花踊 - 昭和59年4月14日登録。

亀岡市指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 出雲神社牓示図並びに関係文書(絵画)
      鎌倉時代。神体山の御影山とその周辺を描いた古絵図。鑑賞画としてではなく、出雲大神宮の社域を示す目的で描かれたといわれる。絵図には現在のような大規模な社殿はなく、御影山の山麓に鳥居と質素な建物3棟があるのみで、社殿造営以前の風景を描いたものと見られている[8]。昭和45年3月31日指定[12]

その他[編集]

  • 京都の自然200選 「出雲大神宮」
  • 亀岡の自然100選 「出雲大神宮」

登場作品[編集]

  • 徒然草』 第236段「丹波に出雲と云ふ処あり」
    聖海上人が参拝した際、獅子・狛犬が後ろ向きに立っていた。これは他に例を見ないことできっと由緒のあることに違いないと思っていると、実は子供のいたずらだったという話。教科書で教えられることも多い文である。
    なお、現在の獅子・狛犬は、当時とは異なるものである。

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

周辺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『京都府の地名』・『国史大辞典』等の百科事典の記載に拠る。『徒然草』 第236段においても出雲大神宮について「大社をうつして、めでたく造れり。」と記している。
  2. ^ a b 「御祭神」(出雲大神宮公式サイト)。
  3. ^ a b 「由緒」(出雲大神宮公式サイト)。
  4. ^ 天福2年(1234年)3月23日付『関東御教書』ならびに『社領傍示絵図』にもとづく(『日本の神々』出雲大神宮項)。
  5. ^ 『日本の神々』出雲大神宮項。
  6. ^ ただし、亀岡市本梅町の出雲神社もその論社とされている。
  7. ^ 近世の地誌『桑下漫録』に記載されるが、西園寺家にこの伝本はない(『日本の神々』出雲大神宮項)。
  8. ^ a b c 『ふるさとの名品 -指定文化財の世界-』亀岡市文化資料館(第56会企画展図録)、2014年、p. 10。
  9. ^ a b 出雲大神宮本殿 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  10. ^ 「真名井の水」(出雲大神宮公式サイト)。
  11. ^ 木造男神坐像(伝大国主命) - 国指定文化財等データベース(文化庁
    木造男神坐像 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  12. ^ 『ふるさとの名品 -指定文化財の世界-』亀岡市文化資料館(第56会企画展図録)、2014年、p. 37。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]