クシナダヒメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クシナダヒメは、日本神話に登場する女神。『古事記』では櫛名田比売、『日本書紀』では奇稲田姫と表記する。

ヤマタノオロチ退治の説話で登場する。アシナヅチ・テナヅチの8人の娘の中で最後に残った娘。[1]ヤマタノオロチの生贄にされそうになっていたところを、スサノオにより姿を変えられて湯津爪櫛(ゆつつまぐし)[2]になる。スサノオはこの櫛を頭に挿してヤマタノオロチと戦い退治する。

神話での記述[編集]

高天原を追放されて出雲に降り立ったスサノオは、ヤマタノオロチという怪物に毎年娘を食われているアシナヅチ・テナヅチの夫婦と、その娘のクシナダヒメに出会った。彼らの話によると、もうじき最後に残った末娘のクシナダヒメも食われてしまう時期なのだという。哀れに思うと同時に、美しいクシナダヒメが愛しくなったスサノオは、クシナダヒメとの結婚を条件にヤマタノオロチの退治を申し出た。スサノオの素性を知らないアシナヅチとテナヅチは訝しむが、彼がアマテラスの弟と知ると喜んでこれを承諾し、クシナダヒメをスサノオに差し出した。

スサノオとの結婚が決まると、クシナダヒメはすぐにスサノオの神通力によって変形させられ、小さな櫛に変えられた。そして櫛としてスサノオの髪に挿しこまれ、ヤマタノオロチ退治が終わるまでその状態である。ヤマタノオロチ退治の準備はスサノオの指示で、アシナヅチとテナヅチが行った。[3]

クシナダヒメを頭に挿したスサノオは、見事ヤマタノオロチを退治する。 ヤマタノオロチを退治した後、スサノオはクシナダヒメと共に住む場所を探して、須賀の地に宮殿を建てた。

その後[編集]

櫛に変えられたクシナダヒメがその後どうなったのかは原文では明記されておらず、元の姿に戻ったという直接的な描写もない。しかし、せっかく命を救われたのに無生物である櫛のままだったとは考えにくく、スサノオがクシナダヒメと共に住む宮殿を建てていること、その直後に「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を」と詠んでいること等から、ヤマタノオロチが退治された後で無事に元の美しい娘の姿に戻してもらい、約束通りスサノオの妻になったとする解釈が一般的である。

[編集]

解釈[編集]

名前は通常、『日本書紀』の記述のように「奇し稲田(くしいなだ)姫」すなわち霊妙な稲田の女神と解釈される。 原文中では「湯津爪櫛(ゆつつまぐし)にその童女(をとめ)を取り成して~」とあり[4]、クシナダヒメ自身が櫛に変身させられたと解釈できることから「クシになったヒメ→クシナダヒメ」という言葉遊びであるという説もある。さらに、の字を宛てることからクシナダヒメは櫛を挿した巫女であると解釈し、ヤマタノオロチを川の神として、元々は川の神に仕える巫女であったとする説もある。

もうひとつは、父母がそれぞれ手摩霊・足摩霊と「手足を撫でる」意味を持つ事から「撫でるように大事に育てられた姫」との解釈もあり、倭撫子(やまとなでしこ)の語源とされる。

別名[編集]

出雲国風土記』の飯石郡の項では久志伊奈太美等与麻奴良比売命(くしいなだみとよまぬらひめ)という名前で登場する。また、能登国の久志伊奈太伎比咩神社(石川県七尾市)では久志伊奈太伎比咩(くしいなだきひめ)を祀神としたという記述が延喜式神名帳にあり、同一神と考えられる。

なぜ櫛にされたのか[編集]

前述の通り、クシナダヒメはヤマタノオロチ退治の際に櫛に変えられている。その意味については諸説あるが、その一つを記述する。

スサノオが単にクシナダヒメの姿を隠そうとしたのであれば、両親とともにクシナダヒメも安全な場所に隠れさせておけば良いはずであり、わざわざ身に着けて戦いの場に連れていくのはむしろ危険であるといえる。それにも関わらずスサノオがこのような行動をとったのは、ヤマタノオロチに対抗するために、クシナダヒメを身に着けることで女性の有する生命力を得ようとしたためと考えられる。[5]

戦いの場に持っていくのであれば、櫛よりもなど武器の類に変えたら一層有利であったと考えられるのに、スサノオは櫛を選択している。それは女性の有する生命力だけでなく、櫛の持つ呪力も同時に得ようとしたためである。日本では古来、櫛は呪力を持っているとされており、同じ『古事記』においてイザナギは、妻のイザナミが差し向けた追っ手から逃れるために、櫛の歯を後ろに投げ捨てたところ、櫛がに変わり難を逃れている。また、櫛は生命力の横溢するを素材として作られていたため、魔的存在に対する際に極めて有効な働きを為すものと考えられたと思われる。[出展 1]

クシナダヒメの変身した櫛は、櫛の本来有する呪力にクシナダヒメの持つ女性としての生命力を合わせ持ち、さらに材質まで竹に変化していたとするならば、竹の材質自体が持つ生命力も合わせ持つことになり、魔的存在たるヤマタノオロチに対し、強力な武器の一つであると考えられたに違いない。[出展 2]

祭神[編集]

稲田の神として信仰されており、廣峯神社兵庫県姫路市)、氷川神社さいたま市大宮区)、須佐神社島根県出雲市)、八重垣神社(島根県松江市)、須我神社(島根県雲南市)、八坂神社京都市東山区)、櫛田神社富山県射水市)、櫛田宮佐賀県神埼市)のほか、各地の氷川神社で祀られている。

多くの神社では、夫のスサノオや子孫(又は子)の大国主などと共に祀られている。しかし、茨城県笠間市にある稲田神社は、唯一クシナダヒメを単独で祀っている。

福岡県福岡市にも櫛田神社があるが、ここの祭神は大幡主大神・天照大神・素戔嗚大神である。ただし、元々はクシナダヒメを祀っていたとする説もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原文で「童女」と記述されるように、クシナダヒメ自身はまだ年端もいかぬ少女である。
  2. ^ 細かい歯の多い、爪の形をした神聖な櫛
  3. ^ 文献によっては順序が異なり、クシナダヒメも一緒に準備を手伝い、準備が終わってから櫛にされる展開のものもある。
  4. ^ 「取り成す」・・・(別の物に)変える。作り変える。変身させる。
  5. ^ 古代人の思想で、女性は生命力の源泉と考えられていた。

出典[編集]

  1. ^ 福島秋穂『記紀載録神話に見える櫛の呪力について』7頁
  2. ^ 福島秋穂『記紀載録神話に見える櫛の呪力について』8頁

関連項目[編集]