西園寺家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西園寺家
家紋
左三つ巴ひだりみつどもえ
本姓 藤原北家閑院流
家祖 藤原通季[1]
種別 公家清華家[1]
華族侯爵公爵[2]
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
伊予国宇和郡
静岡県庵原郡興津町
東京市神田区駿河台
著名な人物 西園寺公経
西園寺実兼
永福門院(西園寺鏱子
後京極院(西園寺禧子
西園寺公重
西園寺公望
支流、分家 菊亭家清華家[2]
洞院家公家
西園寺氏武家
内ヶ島氏?(武家)
清水谷家羽林家
四辻家(羽林家)
橋本家(羽林家)
大宮家(羽林家)[2]
常磐井家[2]
冷泉家[2]
竹林院氏[2]
凡例 / Category:日本の氏族

西園寺家(さいおんじけ)は、藤原氏北家閑院流公家華族である。公家としての家格清華家[1]。華族としての家格ははじめ侯爵家、後に公爵[3]

藤原北家閑院流の一門で、支流に菊亭家洞院家伊予西園寺氏などがある。家名は、4代公経が北山に建立した西園寺(北山殿)にちなむ[注釈 1][1]家紋左三つ巴を使用。

歴史[編集]

封建時代[編集]

閑院流の祖である閑院太政大臣藤原公季の五代孫藤原公実の四男通季を祖とする[1][5]三条家徳大寺家とは姉妹家にあたる(三条家は藤原公実の次男実行の子孫、徳大寺家は公実の五男実能の子孫)。

藤原通季は保安年間(1120年から1124年)に鳥羽上皇の御厩別当になっており、ついで通季の曾孫西園寺公経も1199年(正治元年)まで後鳥羽上皇の御厩別当になっている。さらに1246年(寛元4年)に西園寺公相後嵯峨上皇の御厩別当になっており、これ以降は中絶の次期はあれど、院の御厩別当の地位は西園寺家の世襲となり、その立場は戦国時代、江戸時代にも変わることがなかった[6]

公経源頼朝全子とし、加えて摂家将軍藤原頼経の祖父に当たることから、鎌倉幕府との関係は緊密であった。そのため、承久の乱に際しては幕府に内応する恐れがあるとして朝廷によって幽閉されるが、かえって乱後に幕府の信任を受けて朝廷の実権を掌握し、太政大臣にまで昇進して家格を高めることに成功した。公経より公宗までは朝幕間の交渉役である関東申次を務めた他、娘を次々と入内・立后させ、天皇外戚として一時は摂関家をもしのぐ権勢を振るった[4]実兼大覚寺統に接近し、亀山法皇後醍醐天皇に娘を入れたが、子の公衡以降は反・幕府的態度を取る大覚寺統からは離反し、次第に持明院統との関係を深めている。

また、藤原実宗(公経の父)は藤原師長から桂流・西流の琵琶の奥義を得て以来、琵琶の家として知られた。特に後鳥羽天皇以来、琵琶は天皇が習得する必須の楽器としてされるようになってから宮廷でも重要視され、西園寺公相後深草天皇の琵琶の御師(御琵琶師)とされて以降、歴代天皇は西園寺家の当主から琵琶を習う慣例となり、政治的のみならず、文化的分野でもリードするようになった[7]

この時期は西園寺家の女性の成員も文化面で活躍しており、伏見天皇中宮の永福門院(西園寺鏱子)は京極派を代表する大歌人で、後醍醐天皇中宮の後京極院(西園寺禧子)も勅撰歌人である。

鎌倉幕府が滅亡し、後醍醐天皇による建武政権が始まると、後ろ盾を失った西園寺家は退勢に陥る。公宗北条氏残党である北条泰家(時興)をかくまい、後醍醐天皇を暗殺して持明院統後伏見上皇を擁立する[8]謀叛を計画したが、弟公重密告によって発覚したために処刑され、家は公重が継承した。やがて公重が南朝へ参候したため、公宗の遺児実俊右大臣に昇って家名を再興したが、往時の権勢は失われた。またこの頃、一族の公俊が家領の伊予国宇和郡に下向して土着し、伊予西園寺氏の祖となった。近世初期の実晴細川忠隆の長女を御台所に迎えたが、その遺産は家政の基盤となる。以後は当主の早死にが相次ぎ、他家からの養子が続いた。

家業は四箇の大事(節会官奏叙位除目)・有職故実雅楽琵琶)。琵琶の伝授は江戸時代に597石(実高約400石)の微禄しかなかった西園寺家にとって重要な収入源になっていた(西園寺公望は琵琶が嫌いで家臣たちを心配させたという)[9]。西園寺家には官位持ちの諸大夫5家と侍4家が家臣として仕えていた[9]一条家家礼だった[10]

明治以降[編集]

幕末に同じ閑院流徳大寺家から養子に入った公望は、明治維新を経て政治家として活躍した。1884年明治17年)7月7日に旧清華家として侯爵を授けられ[11]内閣総理大臣を二度経験した後、1920年大正9年)9月7日に勲功により公爵(しょうしゃく)した[11]。公望は元老として明治後期から昭和初期の政界に重きをなした。特に明治後期から大正初期に西園寺公望と桂太郎が交互に内閣総理大臣を務めた時代を桂園時代と呼ぶ。リベラリストだが、共産主義は受け入れず、君主制を拒否しないコスモポリタン・自由主義者の立憲君主主義者だった[12]

公望は、西園寺家の家業である琵琶の演奏が苦手であったが、首相在任中に明治天皇から悪戯半分に「久しぶりに西園寺家の琵琶が聞きたい」と言われたため、宮内省楽部職員と琵琶の共演をさせられて四苦八苦したというエピソードが伝わっている[要出典]

西園寺公爵家の邸宅は静岡県庵原郡興津町東京市神田区駿河台にあった[5]

男子がない公望は毛利元徳公爵の八男八郎を養子に迎え、公爵位を継承させた[13]

歴代当主[編集]

代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考
1 Hidari mitsudomoe.svg 藤原通季
(1090年-1128年)
藤原公実の三男 正三位 中納言
2 Hidari mitsudomoe.svg 藤原公通
(1117年-1173年)
先代の子 正二位 大納言
3 Hidari mitsudomoe.svg 藤原実宗
(1145年-1214年)
先代の長男 正二位 内大臣(1205-1206)
4 Saionji Kintsune.jpg 西園寺公経
(1171年-1244年)
先代の長男 従一位 太政大臣(1222-1223)
5 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実氏
(1194年-1269年)
先代の子 従一位 太政大臣(1246-1247)
6 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公相
(1223年-1267年)
先代の子 従一位 太政大臣(1262)
7 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実兼
(1249年-1322年)
先代の長男 従一位 太政大臣(1292-1293)
8 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公衡
(1264年-1315年)
先代の長男 従一位 左大臣(1309)
9 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実衡
(1288年-1326年)
先代の子 正二位 内大臣(1324-1326)
10 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公宗
(1310年-1335年)
先代の子 正二位 大納言
11 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実俊
(1335年-1389年)
先代の子 従一位 右大臣(北朝)(1366-1367)
12 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公永
(1353年-1390年)
先代の子 正二位 大納言(北朝)
13 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実永
(1377年-1431年)
先代の子 従一位 右大臣(1420-1421)
14 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公名
(1410年-1468年)
先代の子 正二位 大納言
15 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実遠
(1434年-1495年)
先代の子 従一位 左大臣(1483-1487)
16 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公藤
(1455年-1512年)
先代の子 正二位 右大臣(1506-1507)
17 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実宣
(1496年-1541年)
先代の子 従一位 右大臣(1537-1540)
18 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公朝
(1515年-1590年)
先代の子 従一位 左大臣(1557-1576)
19 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実益
(1560年-1632年)
先代の子 従一位 右大臣(1620-1621)
20 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公益
(1582年-1640年)
先代の子 従一位 内大臣(1631-1632)
21 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実晴
(1601年-1673年)
先代の子 従一位 左大臣(1667-1668)
22 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公満
(1622年-1651年)
先代の子 従三位 中納言
23 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実尚
(1645年-1661年)
先代の子 正四位下 近衛中将
24 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公宣
(1664年-1669年)
先代の叔父
(21代実晴の子)
従五位上 侍従
25 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公遂
(1663年-1678年)
先代の兄
(21代実晴の子)
従三位 左近衛中将
26 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実輔
(1661年-1685年)
先々代の娘の婿養子
(鷹司房輔の子)
従三位 権中納言
27 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺致季
(1683年-1756年)
先代の子 従一位 左大臣(1745)
28 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公晃
(1702年-1770年)
先代の子 従一位 内大臣(1755)
29 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺賞季
(1743年-1800年)
先代の子 従一位 右大臣(1796)
30 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公兼
(1765年-1772年)
先代の子 従五位下 侍従
31 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺実韶
(1778年-1787年)
29代賞季の養子
(一条輝良の子)
従三位 左近衛中将
32 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公氏
(1777年-1793年)
29代賞季の子 正四位下 左近衛中将
33 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺寛季
(1787年-1856年)
29代賞季の養子
(二条治孝の三男)
正二位 権中納言
34 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺治季
(1809年-1826年)
先代の子 従三位 左近衛中将
35 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公潔
(1818年-1836年)
33代寛季の養子
(有栖川宮韶仁親王第4王子)
従三位 左近衛中将
36 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺師季
(1826年-1851年)
34代治季の子 正三位 右近衛中将
37 Marquis Kimmochi Saionji (cropped) (cropped).jpg 西園寺公望
(1849年-1940年)
先代の養子
(徳大寺公純の次男)
従一位 12・14代内閣総理大臣(1906-1908、1911-1912)
貴族院議員
侯爵公爵
38 Hachiro Saionji 01.jpg 西園寺八郎
(1881年-1946年)
先代の養子
(毛利元徳の八男)
従二位 宮内省官僚
貴族院議員
公爵
39 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺不二男
(1910年-1986年)
先代の三男 東都銀行頭取
日産興業社長・会長
40 Hidari mitsudomoe.svg 西園寺公友
(1943年-存命中)
先代の長男 地球環境情報センター取締役

系譜[編集]

西園寺家の所領[編集]

鎌倉時代に西園寺家は諸国の知行国主となり、その所領は日本全国に存在したが、西園寺家が特に執着していたのは海上交通に面する所領だった[14]。最も重要な所領は鎌倉時代を通じて事実上家領として支配してきた伊予国であり、1236年には西園寺公経が幕府に強要して橘公業の同国宇和郡の知行を止めさせて自らの所領にしている[15]。南北朝動乱期には一円支配下に置いた宇和郡にその一流の立間氏や松葉氏を土着させて、室町時代以降にさらにその足場を固めて伊予の戦国大名化した(西園寺氏[16]

江戸時代家禄は597だったが、実高は400石程度しか取れなかったという[9]。維新後、戊辰戦争の軍功により賞典禄300石を永世下賜された[17]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の西園寺家領は以下の通り。(5村・597石1斗4升

  • 山城国葛野郡西院領のうち - 22石1斗4升
  • 山城国乙訓郡今里村のうち - 104石
  • 山城国乙訓郡大原野村のうち - 200石
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 1石
  • 山城国紀伊郡東九条村のうち - 270石

西園寺文庫[編集]

西園寺家の文書や蔵書などは、以下の場所などに所蔵されている西園寺家は、京都大学立命館大学学習院大学と関係が深い。[要出典]

  • 西園寺文庫学習院大学
    1994年平成6年)西園寺家に代々伝わる文書類が、直系の子孫である西園寺公友から寄贈され、公友の希望によって「西園寺文庫」と名付けられた。なお、これらの文書は寄贈する以前、西園寺家と姻戚関係がある住友家有芳園(京都市)で保存されていた。
  • 西園寺文庫立命館大学京都府京都市
    1938年昭和13年)に立命館大学に設置された「西園寺公文庫」を前身とする。西園寺公望が懐集した蔵書(それとは別に大学が後年独自に買い集めた物を含む)が収められている。総冊数13,072[18]
  • 陶庵文庫京都大学京都府京都市
    公望が懐集した蔵書など。清風荘(公望の京都別邸)とともに、娘婿の八郎および住友家より寄贈された。また、同大学には公望の実弟である中院通規中院家に代々伝わる文書類を寄贈しており、通規の希望により「中院文庫」と名付けられている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 当初の景観は法成寺をもしのいだというが、南北朝時代には早くも荒廃したため[要出典]、寺地は足利義満に譲られ、やがて鹿苑寺(金閣寺)が建てられた[4]
  1. ^ a b c d e 太田 1934, p. 2429.
  2. ^ a b c d e f 太田 1934, p. 2432.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 57.
  4. ^ a b 太田 1934, p. 2430.
  5. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 3.
  6. ^ 網野善彦 2008, p. 309.
  7. ^ 豊永聡美『中世の天皇と音楽』(吉川弘文館、2006年(平成18年)) ISBN 4-642-02860-9 P59 - 66・82 - 85・186 - 189
  8. ^ 近年、公宗が擁立しようとしたのは光厳上皇であったとする見解もある(家永遵嗣 「光厳上皇の皇位継承戦略と室町幕府」桃崎有一郎山田邦和 編著『室町政権の首府構想と京都』 文理閣平安京・京都叢書4〉、2016年平成28年)10月 ISBN 978-4-89259-798-5)。
  9. ^ a b c 岩井忠熊 2003, p. 3.
  10. ^ 刑部芳則 2018, p. 5.
  11. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 323.
  12. ^ 小田部雄次 2006, p. 228.
  13. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 4.
  14. ^ 網野善彦 2008, p. 297-298.
  15. ^ 網野善彦 2008, p. 298.
  16. ^ 網野善彦 2008, p. 299.
  17. ^ 岩井忠熊 2003, p. 16.
  18. ^ 立命館大学 蔵書冊数 [リンク切れ]

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 西園寺 サイヲンジ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年三上参次監修姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2429-2434頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/308 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編 『平成新修旧華族家系大成 上巻』 霞会館、1996年(平成8年)、ISBN 9784642036702
  • 末柄豊 「西園寺家文書について」(『遙かなる中世』19号 東京大学文学部日本史学研究室、2001年(平成13年)5月、NCID AN10176634
  • 橋本政宣編 『公家事典』 吉川弘文館、2010年(平成22年)、ISBN 9784642014427
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 
  • 網野善彦 『網野善彦著作集第3巻 荘園公領制の構造』岩波書店〈網野善彦著作集〉、2008年。ISBN 978-4000926430 
  • 岩井忠熊 『西園寺公望―最後の元老』岩波書店〈岩波新書829〉、2003年。ISBN 978-4004308294 
  • 刑部芳則 『公家たちの幕末維新-ペリー来航から華族誕生へ』中央公論新社中公新書2497〉、2003年。ISBN 978-4121024978 
参考資料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]