西園寺実遠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西園寺実遠
時代 室町時代中期 - 後期
生誕 永享6年(1434年
死没 明応4年11月25日1495年12月11日
別名 号:後竹林院
官位 従一位左大臣
主君 後花園天皇後土御門天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺公名、母:広橋兼宣
兄弟 実遠、公源、公承
公藤洞院公連
テンプレートを表示

西園寺 実遠(さいおんじ さねとお)は、室町時代中期から後期にかけての公卿歌人太政大臣西園寺公名の子。官位従一位左大臣

経歴[編集]

嘉吉2年(1442年)に叙爵。以降清華家当主として速いスピードで昇進し、左近衛中将讃岐介をへて文安5年(1448年)には従三位となり公卿に列する。その後も権中納言権大納言右近衛大将などを経て、文正元年(1466年)に内大臣に任じられた。応仁元年(1467年)に従一位となり、内大臣を辞職。文明13年(1481年)に右大臣に任じられ、さらに文明15年(1483年)には左大臣に昇り、長享元年(1487年)まで務めた。

和歌や書をよくし、和歌集「新菟玖波知集」を著した。