平松家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平松家
家紋
揚羽蝶
割菱
本姓 桓武平氏高棟王流
西洞院庶流
家祖 平松時庸
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 平松時方
平松時厚
支流、分家 石井家半家
凡例 / Category:日本の氏族

平松家(ひらまつけ)は、「日記之家」として知られる桓武平氏高棟王流の公家で、西洞院時慶の次男時庸を祖とする堂上家名家内々新家)。江戸時代の家禄は200石。明治時代以降は子爵

概要[編集]

家格名家で、江戸時代後期の平松時章正二位権大納言に昇ったのを例外として、歴代当主の極位極官正二位権中納言。代々右衛門督を務めたほか、更に議奏院伝奏日光例幣使に就任する者も出た。近衛家の家礼。居所は西院参町。菩提寺十念寺

江戸時代初期に西洞院家半家)の西洞院時慶の次男平松時庸が分家して家を興す。

2代平松時量(正二位権中納言)は近衛基煕と親交が深く、その娘近衛煕子甲府徳川家の徳川綱豊(のち6代将軍徳川家宣)と縁組した際には、形式的に煕子を養女に迎えている。その際平松家の遠祖平信範の日記『兵範記』の一部を基煕より譲り受けている。平野神社拝殿の三十六歌仙絵(近衛基煕書・海北友雪絵)は、時量の寄進である。なお時量のあとは弟時方が嗣ぎ、時量の子行豊石井家として分家した。

3代平松時方従二位権中納言)は野宮定基らと並び有職故実に詳しく、「有職四天王」の一人に数えられた。

朝廷では近衛家島津家とのパイプ役として活躍していたこともあり、島津家や薩摩藩家老らとの関係が深かった。

幕末には、平松時門の娘である徳子(上臈名:飛鳥井)と逸子(上臈名:涛子)が将軍家上臈として仕えた。

戊辰戦争の際には、平松時厚仁和寺宮嘉彰親王に随行、その戦功により賞典禄50石が与えられた。のちに時厚は河鰭実文秋月種樹山内豊誠正親町公董らと、華族有志の団体で日本最初の政治結社である通款社の発起に参加しているが、これが華族会館の前身となった。

平松家に代々伝わった朝廷関係の記録文書や国文学の写本などは、京都大学附属図書館に「平松文庫」として所蔵されている。中でも『兵範記』『範国記』『知信記』は重要文化財に指定されている。ほかにも刊行されている古典文学作品の底本となっているものも少なくない。

また江戸・明治時代の公家華族資料2076点が、国文学研究資料館に「山城国京都平松家文書」として保管所蔵されている(昭和36年/1961年平松家が寄贈)。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
西洞院時慶
 
 
 
平松時庸1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時量2 時方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時広3 時方4 石井行豊
石井家
交野時香
 
 
 
時春5
 
 
 
時行6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時升7 時章 長谷時息 万里小路文彦
 
 
 
時章8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時亨9[1] 時門10 時保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時保11 時言
 
 
 
時言12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時厚13 時幾 小野時敍 時韶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時陽14 時冬 時安 時賢
 
 
 
時善15

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』東京堂出版、1994年