橋本家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本家
家紋
尾長巴
本姓 藤原北家閑院流
西園寺庶流
家祖 橋本実俊
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 橋本実麗
橋本経子
姉小路
橋本実梁
橋本麗子
橋本夏子
支流、分家 梅園家(羽林家)
凡例 / Category:日本の氏族

橋本家(はしもとけ)は、羽林家の家格を有する公家藤原北家閑院流西園寺分家。江戸時代の家禄は500石。明治維新後、伯爵。家業は家紋は尾長巴。

創立から江戸時代までの動向[編集]

鎌倉時代末期、西園寺公相の四男実俊を祖として創設される。実俊は冷泉橋本入江などを称していたが、孫の橋本実澄の代から橋本の家名が定まった。6代目の橋本公国まで父子相続が続いたが、公国に跡継ぎがなく、同じ西園寺家一門の清水谷家から橋本公夏1454年1538年)が養子に入った。公夏は播磨国出家し、彼の後は孫で養子の橋本実勝が継いだが、天正16年(1588年横死して家系は中絶。その後、江戸時代初期に一族の橋本実村(公夏の曾孫)が実勝の養子の形式で家を継いだ。実村の弟実清(梅園実清)は分家して梅園家の祖となった。江戸時代後期の橋本実久議奏を務め、安政内裏造営のときも御用掛を務めた。

江戸時代末期、明治維新期の実麗(さねあきら)は、国事に尽力。実麗の妹、経子(つねこ、観行院)は、仁孝天皇典侍として仕え、14代将軍徳川家茂に降嫁した和宮親子内親王の生母となった。和宮は、仁孝天皇崩御後は、橋本家で養育された。


幕末、明治から現在までの動向[編集]

実麗の子の実梁(さねやな)は、戊辰戦争で東海道鎮撫総督となる。明治17年7月7日伯爵の位を授けられた。

実斐(さねあや)は、貴族院議員、内務参与官文部政務次官を歴任した。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
西園寺公相
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋本実俊1 実兼 実顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季経2 俊季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実澄3 公興
 
 
 
公音4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実郷5 実淳
 
 
 
 
 
公国6 公雄
 
 
 
公夏7[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実勝8 清水谷公松 季宗
 
 
 
 
 
 
 
実村9 橋本実勝 季景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季村10 万里小路雅房
 
葉室頼業 実村 梅園実清
梅園家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公綱11 橋本公綱 頼孝
 
 
 
 
 
実松12 橋本実松
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実文13 葉室頼胤 穂波尚明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実理14[2] 実氏
 
 
 
実誠15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実久16 伊与子 理子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実麗17 裏辻公篤 小倉長季 経子
 
仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実梁18[3] 麗子
 
東坊城夏長 夏子 和宮親子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実陳 実頴19 橋本夏子
 
 
 
実斐20
  1. ^ 清水谷実久の子
  2. ^ 西園寺致季の子。
  3. ^ 小倉輔季の子。

系譜参考[編集]