三室戸家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三室戸家
家紋
鶴丸
本姓 藤原北家日野流庶流
柳原庶流
家祖 三室戸誠光
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 三室戸敬光
支流、分家 北小路家(名家)
凡例 / Category:日本の氏族

三室戸家(みむろどけ、「みむろと」は誤読)は、名家の家格を有する公家藤原北家藤原真夏日野流柳原庶流。家業は文学華道(竹真流)。江戸時代の家禄は130石。家紋は鶴丸(但し先端の羽根は3本)。明治維新後、雄光子爵に叙せられた。

柳原資行の三男誠光(ともみつ)を祖として江戸時代前期に創設された。当初は北小路と称したが、寛文5年(1665年)7月、願いにより三室戸と改めた。誠光の兄の柳原資廉霊元天皇の従兄弟にあたり、武家伝奏をつとめて幕府との交渉に活躍し、特に播磨赤穂藩浅野長矩が饗応役を務めた際に起こった刃傷事件(赤穂事件)の時に江戸城に下向していた。

歴代当主のは多く三位非参議だったが、光村参議に、能光権大納言に昇進している。

江戸時代までは華道の竹真流家元を名乗っていたが、敬光のときにこれを三重県桑名市にある寺に譲っている。和光大正年間伊勢神宮大宮司となり、雄光の子治光平安神宮宮司となっている。

敬光昭和初期に貴族院子爵議員に互選されたが、院内でもきっての右派として活躍、昭和9年(1934年)には、斎藤内閣商工大臣だった中島久万吉を13年前に俳句同人雑誌に寄稿した足利尊氏再評価論を槍玉にあげて菊池武夫議員(貴院男爵互選)とともに徹底攻撃して辞職させたほか、翌昭和10年(1935年)に起きた天皇機関説事件ではやはり菊池とともに美濃部達吉議員(貴院勅選)を追及して辞職に追い込み、さらには岡田内閣に迫って国体明徴声明を出させたりしている。

敬光の長男為光は、昭和13年(1938年)に東京高等音楽学院の大塚分教場を東邦音楽学校として(のちの東邦音楽大学東邦音楽短期大学)を独立・創設した。その後、東邦音楽大学に続き東邦音楽大学附属東邦中学校・高等学校も作られた。

系図[編集]