高丘家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高丘家
家紋
ぎょうよう
杏葉
本姓藤原南家高倉庶流)藤原北家閑院流四辻支流
家祖 高丘季起
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 高丘季昭
凡例 / Category:日本の氏族

高丘家(たかおかけ)は、藤原北家閑院流四辻支流(藤原南家高倉庶流)の公家である。江戸時代前期の参議中園季定の三男・高丘季起を祖とする。家格羽林家江戸時代の石高は御蔵米30石[1]明治維新後は、紀季子爵に叙せられた[2]季昭は、東京新聞記者ニッポン放送解説委員を経て、堤義明の誘いを受けて西武百貨店に入社。流通産業研究所勤務、西友ストアー(現在の西友)に入り西友会長[3]セゾングループ筆頭代表幹事、日本チェーンストア協会会長、経団連副会長などの財界の公職を務めた他、セゾングループの映画事業にもかかわり、千利休 本覺坊遺文嵐が丘などの製作総指揮を務めた。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
中園季定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中園季親
中園家
高丘季起1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季敦2芝山重豊
 
 
 
敬季3[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紹季4豊岡治賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公廉永季5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
益季6[5]基季
 
 
 
基季7
 
 
 
紀季8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
礼季9直季治季
 
 
 
和季10
 
 
 
季昭11

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]