穂波家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
穂波家
No image available.svg
竹に雀
本姓 藤原北家勧修寺家庶流
家祖 穂波経尚
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

穂波家(ほなみけ)は、藤原北家勧修寺流のうち勧修寺家庶流堂上家、家格は、名家

権大納言勧修寺経広の次男である権中納言穂波経尚が、はじめ海住山(海住山寺に由来する)を称したが、寛文年間に、穂波と改称したのにはじまる。

穂波とは、歌に詠まれる伏見の田園に由来すると言われるが定かでない。

初代・権中納言穂波経尚以降、江戸時代の石高は、蔵米30石であったが、11代・穂波経度は、戊辰戦争の時、錦旗奉行大総督府参謀を拝命、明治2年(1869年)、その勲功により賞典禄100石を下賜された。のちに元老院議官を務め、子の穂波経藤華族に列し子爵に叙せられた。明治38年(1905年)6月、爵位を返上する。

家紋は、勧修寺家に倣い「竹に雀」。菩提所は、立本寺享保院。居所は、蛤御門之外とした。

歴代当主[編集]

  1. 穂波経尚 (1646 - 1706)
  2. 穂波晴宣 (1697 - 1768)
  3. 穂波経古 (1733 - 1741)
  4. 穂波尚明 (1729 - 1776)
  5. 穂波尚孝 (1757 - 1777)
  6. 穂波経条 (1774 - 1836)
  7. 穂波経誠 (1798 - )
  8. 穂波経訓 (1802 - 1820)
  9. 穂波経武 (1818 - 1823)
  10. 穂波経治 (1824 - 1842)
  11. 穂波経度 (1837 - 1915)
  12. 穂波経藤 (1861 - 1931)

系図[編集]