綾小路家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
綾小路家
家紋
笹竜胆
本姓 宇多源氏
家祖 綾小路信有
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

綾小路家(あやのこうじけ)は宇多源氏の流れを汲む堂上家左大臣源雅信の子孫綾小路信有正二位権中納言)(1269年 - 1324年)を祖とする。兄は庭田家の祖庭田経資正二位権中納言)(1241年 - 没年未詳)である。

家格は羽林家。当初の極官権中納言戦国時代綾小路俊量正二位権中納言)(1451年 - 1518年)以降中絶。慶長18年(1613年)に五辻家から綾小路高有正三位参議)(1595年 - 1644年)が入り家名再興。そして綾小路俊宗1690年 - 1770年)以降は権大納言極官とする。

雅楽の中で郢曲和琴関する知識は庭田家ではなく綾小路家に伝わったために、以降は雅楽の師範家として朝廷に仕えることとなる。

江戸時代の家禄は200石。明治時代後は、有良子爵に叙せられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
庭田有資
 
 
 
綾小路信有1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有時 有頼2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敦有3 成賢
 
 
 
信俊4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資興 有俊5[1]
 
 
 
俊量6
 
 
 
資能7
 
 
 
〔中絶〕
 
 
 
高有8[2]
 
 
 
俊景9
 
 
 
有胤10
 
 
 
俊宗11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有美12 倉橋有儀
 
 
 
俊資13[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有長14 金子有久
 
 
 
俊賢15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
俊実
大原重実
有良16
 
 
 
茂俊17[4]
 
 
 
家政18[5]
 
 
 
19[6]

脚注[編集]

  1. ^ 山科行有の子。
  2. ^ 五辻之仲の2男。
  3. ^ 庭田重熙の2男。
  4. ^ 庭田重直の2男。
  5. ^ 大炊御門家信の8男。
  6. ^ 野宮定穀の5男。

参考文献[編集]

関連項目[編集]