石山家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石山家
家紋
杜若かきつばた
本姓 藤原北家中御門流葉川庶流
家祖 石山師香
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

石山家(いしやまけ)は、羽林家の家格をもつ公家藤原北家中御門流権中納言葉川基起の次男、石山師香から始まる。居所は新在家西側である。江戸時代の家禄は30

明治維新後、基文子爵に叙せられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
葉川基起
 
 
 
石山師香1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基武2直宗利香
 
 
 
直宗3
 
 
 
利香4
 
 
 
基名5[1]
 
 
 
基陳6
 
 
 
篤熙7[2]
 
 
 
基逸8
 
 
 
基文9[3]
 
 
 
基正10
 
 
 
基則11
  1. ^ 姉小路実武の子。
  2. ^ 壬生基貫の子。
  3. ^ 姉小路公遂の子。

参考[編集]