柳原家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳原家
家紋
つるのまる
鶴丸
本姓 藤原北家日野流庶流
家祖 柳原資明
種別 公家名家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 柳原光愛
柳原紀光
柳原前光
柳原義光
柳原燁子(白蓮)
柳原愛子大正天皇の生母)
支流、分家 町家(公家
三室戸家名家
北小路家(名家)
土御門家(公家)
凡例 / Category:日本の氏族

柳原家(やなぎわら[1]け、やなぎはらの読みは慣例)は、名家家格を有する公家。京都十三名家。藤原北家日野家の分流。家業は文筆江戸時代家禄は202家紋は鶴丸。明治維新後は伯爵に叙される。



概略[編集]

日野俊光の四男柳原資明を祖として鎌倉時代末期に創設された。戦国時代になると各地の所領武家に横領されたため、経済基盤を確保するために資綱量光資定の3代に渡って、最も重要な所領のある因幡国法美郡に下向して直接所領の経営を行った。

資定には男子がなく、柳原家の分家の町家町資将の子の淳光養子として相続させた。江戸時代前期の資廉霊元天皇の従兄弟にあたり、武家伝奏をつとめて江戸幕府との交渉に活躍し、江戸時代中期の光綱も、議奏と武家伝奏に就任した。また柳原家は、代々文学文筆を家業とし、光綱の子である紀光は歴史書『続史愚抄』を著している。

柳原家は幕末から明治維新にかけて人材を輩出する。光愛権中納言、ついで議奏となり、国事に奔走した。

光愛の子の前光西園寺公望とともに少壮公家中の逸材と言われ、戊辰戦争では東海道鎮撫副総督を務め、明治維新後外務省に入省。外務大丞、清国公使ロシア公使、元老院議長枢密顧問官宮中顧問官を歴任し、伯爵に叙された。この前光夫人の初子は、宇和島藩主伊達宗城の次女である。

光愛の次女で前光の妹の愛子は、明治天皇典侍として仕え大正天皇の生母となった。明治時代に柳原家一家は東京に移住したので、空家となった京都の邸宅は同志社女学校の学舎として利用された。

前光の後を嗣いで伯爵となった義光は野心家だったが、妹で歌人の燁子(あきこ、歌号:白蓮)の白蓮事件や娘・徳子不良華族事件、最後には自分自身にも同性愛疑惑が発覚し、皇室に近い一族が醜聞まみれとなったことで世間から猛烈な非難を浴びた。

義光の孫娘に婿入りした柳原従光の娘・留美子は、皇太子徳仁親王のお妃候補として名前が挙がったことがある。

歴代当主[編集]

  1. 柳原資明(1297年–1353年)
  2. 柳原忠光(1334年–1379年)
  3. 柳原資衡(1363年–1404年)
  4. 柳原行光(1393年–1443年)
  5. 柳原資綱(1417年–1500年)
  6. 柳原量光(1448年–1510年)
  7. 柳原資定(1495年–1578年)
  8. 柳原淳光(1541年–1597年、町資将の子)
  9. 柳原資淳(1580年–1596年)
  10. 柳原資俊(1584年–1602年)
  11. 柳原茂光(1595年–1654年)
  12. 柳原資行(1621年–1679年)
  13. 柳原資廉(1644年–1712年)
  14. 柳原秀光(1664年–1683年、中御門資煕の子)
  15. 柳原資基(1685年–1705年、資廉の弟三室戸誠光の子)
  16. 柳原資堯(1692年–1716年、資廉の子)
  17. 柳原光綱(1711年–1760年、冷泉為綱の子)
  18. 柳原紀光(1746年–1800年)
  19. 柳原均光(1772年–1812年)
  20. 柳原隆光(1793年–1851年)
  21. 柳原光愛(1818年–1885年)
  22. 柳原前光(1850年–1894年)
  23. 柳原義光(1874年–1946年)
  24. 柳原博光(1889年–1966年、大原重朝の子)
  25. 柳原承光(1916年–2011年)
  26. 柳原従光(1940年–2007年)
  27. 柳原雄二郎(1967年–

系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の柳原家領は以下の通り。(2村・202石6斗2合)

補注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、761頁
  2. ^ 中御門資熈の子
  3. ^ 冷泉為綱の末子
  4. ^ 当初、北小路随光の養子
  5. ^ 大原重朝の三男
  6. ^ 武蔵忍藩主/松平子爵家・松平(奥平)忠寿の子

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]