山本家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本家
家紋
からはな
唐花
本姓 藤原北家閑院流阿野支流西園寺庶流
家祖 山本勝忠
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 玉松真弘(操)
支流、分家 玉松家(堂上家男爵
凡例 / Category:日本の氏族

山本家(やまもとけ)は、藤原北家閑院流阿野支流西園寺家庶流公家江戸時代前期の権大納言阿野実顕の末男・参議山本勝忠を祖とする。家格羽林家。江戸時代の石高は175石[1]明治維新後は実庸子爵に叙せられ、貴族院議員を務めた[2]

幕末山本公弘の二男・真弘(操)は、岩倉具視の腹心となり、王政復古の大号令の詔勅を作成したり、錦旗を考案したりする等活躍、30石を賜り堂上家となる。操の嗣子(実政の二男)、真幸には男爵の爵位が授けられ華族に列した。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
阿野実顕
 
 
 
山本勝忠
 
 
 
実富[3]
 
 
 
公尹
 
 
 
実観
 
 
 
公逵
 
 
 
実福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公敏 公弘 実城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実城 〔玉松家〕
玉松真弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実政 石山基将 真幸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実庸 玉松真幸 穂穙俊香
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公覩 公茂 公富
 
 
 
公富
 
 
 
公慶[4]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の山本家領は以下の通り。(2村・175石余)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]