清水谷家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水谷家
家紋
わりびし
割菱
本姓 藤原北家閑院流西園寺庶流
家祖 一条実有
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 一条実秋
清水谷実業
清水谷公考
凡例 / Category:日本の氏族

清水谷家(しみずだにけ)は、羽林家家格を有する公家藤原北家閑院流西園寺家の一門。家業は書道能楽神楽江戸時代の家禄は200明治時代華族令施行により伯爵

鎌倉時代西園寺公経の次男実有を祖とする。当初は「一条家」と名乗っていたが、一条実秋の代に同じ家名の摂関家との重複を避けて現在の家名に改めたという。その後一時期中絶していたが、江戸時代初期に再興した。歌道で有名な三条西家より養子に入った清水谷実業霊元院歌壇の代表的歌人として知られる。

幕末明治維新期の公考は、明治維新後、箱館府知事に就任する。華族令施行により実英1884年明治17年)7月7日伯爵位を授けられ、宮中顧問官、掌典次長を務めた。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
西園寺公経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実氏 一条実有1 洞院実雄 四辻実藤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公持 公藤2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実連3 実嗣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公有4 季有
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実材5 実種
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公次 公勝6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季有 実秋7
 
 
 
清水谷公知8
 
 
 
実久9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋本公夏 公松10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋本実勝 清水谷公松 実勝 実任11[1]
 
 
 
公栄12[2]
 
 
 
実業13[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅季14 小倉有季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実栄15 押小路従季 薮保季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公美16 陳季
 
 
 
陳季17
 
 
 
公寿18[4]
 
 
 
実揖19[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公正20 裏松公愛 咸麿[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実睦21 公考
 
 
 
公考22
 
 
 
実英23
 
 
 
公揖24
  1. ^ 阿野季時の子・内山上乗院道怡の子。
  2. ^ 三条西公勝の子。
  3. ^ 信濃飯田藩主堀親昌の子。
  4. ^ 吉田良延の子。
  5. ^ 徳大寺実祖の次男。
  6. ^ 二条斉信の七男。

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の清水谷家領は以下の通り。(4村・200石5合)

  • 山城国葛野郡岡村のうち - 25石8斗2升
  • 山城国葛野郡上桂村のうち - 100石
  • 山城国乙訓郡上植野村のうち - 2斗8升
  • 山城国乙訓郡馬場村のうち - 73石9斗5合