清水谷実英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水谷 実英(しみずだに さねあきら、1866年5月19日慶応2年4月5日[1])- 1938年昭和13年)10月14日[1])は、明治期から昭和初期の陸軍軍人華族。最終階級は陸軍歩兵中佐伯爵

生涯[編集]

山城国京都侍従清水谷公考の長男として生まれ、父の死去に伴い、1883年(明治16年)2月20日に家督を相続した[1][2]1884年(明治17年)7月7日、華族令公布とともに伯爵に叙された[3]

陸軍士官学校(旧11期)に入り[4]1889年(明治22年)7月26日、陸軍歩兵少尉に任官[5]1898年(明治31年)、東宮武官(当時は大尉)に任ぜられ、1902年(明治35年)まで務める[6]。その他、歩兵第3連隊付、同大隊副官、近衛歩兵第2連隊大隊副官、同連隊中隊長、後備歩兵第6連隊大隊長などを歴任し、日清戦争日露戦争に出征した[2]。その後、軍人としては歩兵中佐まで昇る[1][2]掌典次長、宮中顧問官侍従を務める。1938年死去、享年71。家督は子の公揖が継いだ[1]

栄典・授章・授賞[編集]

親族[編集]

  • 妻 清水谷秀子(橋本実梁四女)[1]
  • 長男 清水谷公揖(伯爵、掌典)[1]
  • 長女 清水谷英子(はなこ、女官長・権典侍)[1]
  • 二女 橋本正子(橋本実斐夫人)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』上巻、753-754頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録』第10版 上、シ75頁。
  3. ^ 『官報』第307号、明治17年7月8日。
  4. ^ 『陸軍士官学校』230頁。
  5. ^ 『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 明治36年7月1日調』134頁。
  6. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、297頁。
  7. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  8. ^ 『官報』第3301号「叙任及辞令」1894年7月2日。
  9. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 山崎正男編『陸軍士官学校』秋元書房、1969年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 上、1934年。
  • 陸軍省編『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 明治36年7月1日調』陸軍省、1903年。


日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
清水谷家初代
1884年 - 1938年
次代:
清水谷公揖