石野家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石野家
家紋
杏葉
本姓 藤原北家中御門流持明院家支流
家祖 石野基顕
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

石野家(いわのけ)は、藤原北家中御門流公家である。藤原道長の次男藤原頼宗の流れを組む持明院家の支流である。江戸時代前期、権大納言持明院基時の次男基顕を祖とする。家格羽林家江戸時代の石高は30石。家学は神楽[1]明治維新後は、基佑子爵に叙せられた。

系図[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
持明院基時
 
 
 
石野基顕1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基幸2 持明院基胤
 
 
 
基棟3
 
 
 
基綱4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基憲5 基標
 
 
 
基標6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基尚 基安7
 
 
 
基佑8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基将[2] 持明院基哲 基道9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基恒10 基輝

参考文献[編集]

  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』東京堂出版、1994年

脚注[編集]

  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)持明院
  2. ^ 山本実城の次男。

外部リンク[編集]