池尻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池尻家
No image available.svg
竹に雀
本姓 藤原北家勧修寺流庶流清閑寺庶流
家祖 池尻共孝
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

池尻家(いけがみけ)は、藤原北家庶流清閑寺庶流堂上家。家格は名家

内大臣清閑寺共房の次男である権大納言池尻共孝が池尻を称したのにはじまる。

江戸時代石高は50石。明治に至り華族に列し、知房子爵に叙された。

家紋勧修寺流に倣い「竹に雀」。菩提所は、鳴滝報恩寺。居所は、院参町とした。

歴代当主[編集]

  1. 池尻共孝 (1613-1683)
  2. 池尻勝房 (1650-1711)
  3. 池尻共条 (1687-1727)
  4. 池尻栄房 (1722-1788)
  5. 池尻定治 (1749-1765)
  6. 池尻暉房 (1762-1852)
  7. 池尻定孝 (1788-1826)
  8. 池尻延房 (1806-1864)
  9. 池尻胤房 (1830-1870)

系図[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 清閑寺盛房の4男。
  2. ^ 清閑寺良貞の2男。

参考文献[編集]