六角家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

六角家(ろっかくけ)は、江戸時代に成立した家系。藤原北家中御門流公家と、藤原北家日野流江戸幕府高家とがある。

中御門流六角家[編集]

六角家
(藤原北家中御門流)
家紋
まるにだきはなぎょうよう
丸に抱き花杏葉
本姓 藤原北家中御門流持明院庶流庶流
家祖 波多基維
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

中御門流園家園基福の四男・波多基維を初代とする。2代益通の代に家名を六角に改めた。羽林家新家外様の格式を持ち、書道神楽を家業とする。江戸時代の石高は30石。明治維新後は博通子爵に叙せられた。

日野流六角家[編集]

六角家
(藤原北家日野流)
No image available.svg
本姓 藤原北家日野流烏丸庶流
家祖 六角広賢
種別 武家
出身地 山城国
主な根拠地 下野国
著名な人物 六角広胖
凡例 / Category:日本の氏族

後水尾天皇の第3皇子・守澄法親王日光山輪王寺門跡となった際、東国下向に随従した烏丸光広の次男・広賢はそのまま京都に戻らず、後に江戸幕府に仕えて高家に列した際に六角院(ろっかくいん)と名乗った。そして、その子孫がこれを略して六角の家名を名乗るようになった。幕末に所領のあった下野国内で圧制を強いて、田中正造ら地元住民に激しく抵抗されたことでも知られている。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。