岡崎家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡崎家
家紋
竹に雀たけにすずめ
本姓 藤原北家勧修寺流庶流中御門庶流
家祖 岡崎宣持
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

岡崎家(おかざきけ)は、藤原北家高藤(勧修寺)流中御門家庶流堂上家、家格は名家

大納言中御門尚良の次男である宣持が「岡崎」を称したのにはじまる。

初代・内匠頭非参議従三位)・岡崎宣持以降、江戸時代石高は、蔵米30石であったが、明治に至り華族に列し国良子爵に叙せられた。

菩提所宝憧寺、居所は梨木町西側南角とした。

歴代当主[編集]

  1. 岡崎宣持 (1617 - 1672)
  2. 岡崎宗房 (1648 - 1667)
  3. 岡崎国久 (1659 - 1752)
  4. 岡崎国広 (1691 - 1738)
  5. 岡崎国栄 (1726 - 1783)
  6. 岡崎国成 (1764 - 1827)
  7. 岡崎国均 (1799 - 1826)
  8. 岡崎国房 (1819 - 1861)
  9. 岡崎国有 (1853 - 1878)

系図[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
中御門尚良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡崎宣持1宣順
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桂昭房宗房2国久3資熈
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国広4錦小路尚秀岡崎国久
 
 
 
国栄5
 
 
 
国成6
 
 
 
国均7
 
 
 
国房8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国有9豊麿
 
 
 
国良10
 
 
 
泰光11