植松家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
植松家
家紋
植松竜胆
本姓 村上源氏久我庶流
家祖 植松雅永
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

植松家(うえまつけ)は、日本の公家村上源氏岩倉家の分家、千種家家祖の千種有能の末男、植松雅永を祖とする。堂上源氏十家の一つ。家格は羽林家新家内々

明治維新華族に列し、10代雅徳子爵に叙せられた。

江戸時代の家禄は130石。家業は華道で、今日に至るまで代々の当主が日本生花司 松月堂古流家元を継承している。墓所は浄土宗大本山金戒光明寺

沿革[編集]

元和6年(1620年)2代将軍徳川秀忠の五女・和子後水尾天皇女御として入内した際に持参した化粧料1万石の一部を充てることにより、新たに3家の公家が創設された。そのうちの一家が植松家である。

3代賞雅宝暦から明和の頃(1751〜72年頃)に松月堂古流を創流した学僧の是心軒一露(ぜしんけん いちろ)に師事していたが、跡継ぎのなかった一露から後事を託されると初代家元として流派を継承。以後は代々の植松家当主が家元を継承して当代12代目家元の14代雅房に至る。

安政3年(1856年)、7代目家元の9代雅言孝明天皇に生花を献上したところ、これをたいへん喜んだ天皇から「日本の生花の司であれ」との褒詞を賜った。そこで雅言は以後この「日本生花司」の5文字を冠した日本生花司 松月堂古流(にほんせいかし しょうげつどうこりゅう)を正式な流名とし、分流した各流派との区別化を図った。

系譜[編集]

縦実線は実子、縦点線は養子。

千種有能
 
 
 
 植松雅永1
 
 
 
雅孝2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  賞雅3 [※ 1]  幸雅 [※ 2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸雅4 岩倉尚具   岩倉広雅
 
 
 
雅陳5
 
 
 
  文雅6 [※ 3]
 
 
 
雅諸7
 
 
 
  雅恭8 [※ 4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  雅言9 [※ 5]  雅徳 [※ 6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 雅徳10  雅平 [※ 7]   雅雄
 
 
 
 雅平11
 
 
 
 雅道12
 
 
 
 雅俊13
 
 
 
 雅房14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅裕 雅友

  1. ^ 岩倉乗具の三男
  2. ^ 2代雅孝が岩倉家から賞雅を養子に迎えた後に出来た実子、賞雅の養子に入る
  3. ^ 千種有政の次男
  4. ^ 押小路実富の子
  5. ^ 東園基貞の次男
  6. ^ 8代雅恭が東園家から雅言を養子に迎えた後に出来た実子、雅言の養子に入る
  7. ^ 9代雅言の実子、雅徳の養子に入る

参考文献[編集]