石井家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井家
家紋
まる に あげは の ちょう
丸に揚羽の蝶
本姓 桓武平氏高棟王流
西洞院庶流平松庶流
家祖 石井行豊
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
支流、分家 梶野家奈良華族
小松家奈良華族
凡例 / Category:日本の氏族

石井家(いわいけ)は桓武平氏高棟王流堂上家である。東福門院(徳川和子)付きの女官で西洞院時慶従二位参議)(1552年 - 1640年)の娘行子の養子となった石井行豊従二位中納言)(1653年 - 1713年)を祖とする。行子の宮中での呼び名(石井局)にちなんで石井を家名とした。

石井家設立が上のように複雑な経緯をたどったのは、初代・行豊は正二位・権中納言・平松時量1627年 - 1704年)を実父とするが、養子先である石井局の勤務を後水尾上皇及び東福門院が労うという形で行豊に新家の創設を認めたためである。

家格半家極官正二位中納言である。

江戸時代家禄は130明治維新後、華族令施行により行昌子爵に叙せられた。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
西洞院時慶
 
 
 
行子
(石井局)
 
 
 
石井行豊1
 
 
 
行康2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
行忠3日野西資敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
行文4七条隆久
 
 
 
行宣5[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
行弘6行遠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
行遠7梶野行篤
〔梶野家〕
小松行敏
〔小松家〕
 
 
 
 
 
行光8八十子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
行知9滋野井実麗行正[2]
 
 
 
 
 
行昌10行一
 
 
 
隆臣11[3]
 
 
 
行毅12

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の石井家領は山城国相楽郡菅井村のうち130石であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 樋口基康の子。
  2. ^ 平松時言の8男。
  3. ^ 油小路隆元の2男。

参考文献[編集]