滋野井家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滋野井家
家紋
唐花菱からはなびし
本姓 藤原北家閑院流三条庶流[1]
家祖 滋野井実国[1]
種別 公家羽林家
華族伯爵) → 平民
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 滋野井公澄
滋野井実全
滋野井公麗
支流、分家 河鰭家(羽林家)
阿野家(羽林家)
凡例 / Category:日本の氏族

滋野井家(しげのいけ)は、羽林家家格を有する公家[1]藤原北家閑院流公季流[1]。家業は神楽[1]江戸時代の家禄は180[1]

家の歴史[編集]

平安時代末期 ~ 江戸時代[編集]

平安時代末期、藤原公教三条公教)の次男滋野井実国から始まる[1]文和元年(1352年)に当主の滋野井実勝八幡の戦いで横死して断絶するが、15世紀の中頃に阿野家庶流実益が再興した。永禄8年(1565年滋野井公古が死去して再度断絶するが、17世紀に入って五辻家より季吉が入り再興した。なお江戸時代の当主公麗は『滋野井家不断絶之証』を著して、実勝は当家の人ではないため断絶はしていないと述べるが、季吉のことには触れていない。

江戸時代には、前述の公麗、その父の実全、祖父の公澄と3代にわたって有職故実の大家を輩出する。

幕末実在公寿ともに国事に尽力した。

明治以降[編集]

明治維新後、公寿は甲府県知事を務め、明治17年(1884年)に伯爵を賜る[1]。次の実麗1913年大正2年)1月27日に失爵した[3]

系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の滋野井家領は以下の通り。(2村・180石)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 太田 1934, p. 2742.
  2. ^ 大蔵省印刷局 1913, p. 28.
  3. ^ 官報』第152号、大正2年2月3日[2]
  4. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、705頁。

参考文献[編集]

  • 今江広道、「滋野井家」、国史大辞典編集委員会編 『国史大辞典』第6巻 吉川弘文館、1985年11月。ISBN 4642005064NCID BN00117433全国書誌番号:86007857 
  • オープンアクセス大蔵省印刷局「国立国会図書館デジタルコレクション 彙報 / 華族失爵伯爵滋野井實」『官報』第152号、1913年2月3日、 28頁。
  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「滋野井 シゲノイ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2742頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/465 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編 『平成新修旧華族家系大成』上巻 霞会館、1996年。ISBN 4642036709NCID BN15217497 
系譜参考文献