滋野井実宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
滋野井実宣
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 治承元年(1177年
死没 安貞2年11月22日1228年12月20日
改名 実広→実宣
別名 實宣(正字)、藤原実宣(本姓)
官位 正二位権大納言
主君 安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 滋野井家
父母 父:滋野井公時、母:吉田経房の娘
藤原宗子持明院基宗の娘)、北条時政の娘
公賢公光公蔭公基公源、女子(藤原盛兼室)
テンプレートを表示

滋野井 実宣(しげのい さねのぶ)は平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿参議滋野井公時の長男。日記に『実宣卿記』がある。

経歴[編集]

治承5年(1181年従五位下叙爵し、文治4年(1188年侍従に任ぜられる。建久3年(1192年美濃権介を兼ね、建久5年(1194年)従五位上に叙された。

建久6年(1195年正五位下左近衛少将に叙任される。美濃権介を再度兼任し、建久8年(1197年従四位下に進む。正治2年(1200年)従四位上、正治3年(1201年播磨介建仁2年(1203年正四位下となり、左近衛権中将・備前権介を歴任。建永2年(1207年蔵人頭に補任。同年中に参議に任ぜられ公卿に列し、承元2年(1208年但馬権守を兼ねて従三位に進んだ。承元3年(1209年)父・公時が病によって明日出家する予定であるとのことを関白近衛家実に告げ送っている[1]

承元4年(1210年正三位に昇叙。建暦元年(1211年右衛門督検非違使別当を務め、権中納言に任ぜられる。建暦3年(1213年従二位建保5年(1217年正二位に叙され、建保7年(1219年)中納言に転じる。

左衛門督を経て、元仁元年12月(1225年2月)父・公時の極官である参議を大きく上回る権大納言に進む。翌嘉禄元年(1225年)辞退するが、嘉禄3年(1227年伊勢神宮への奉幣のために還任する。この間の嘉禄2年(1226年)、長男の公賢が姻婚の悩みを抱えて逃げ去り、出家した際に藤原定家は「厳父憂慮の餘り、還って一子を失う歟」、「至愚の父」などと実宣の子息への対応を評価している[2]安貞2年(1228年)病のため権大納言を辞し、数日後に薨去した。享年52。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 治承5年(1181年)正月5日:従五位下に叙爵(女御琮子去年給)。
  • 文治4年(1188年)10月14日:侍従に任ず。
  • 建久3年(1192年)正月27日:美濃権介を兼ぬ。
  • 建久5年(1194年)4月5日:従五位上に叙す(筒一)。
  • 建久6年(1195年)正月5日:正五位下に叙す(六條院仁安三年大嘗會御給)。4月7日:左近衛少将に任ず(父卿辞参議申任之)。
  • 建久7年(1196年)7月28日:美作権介を兼ぬ。
  • 建久8年(1197年)正月5日:従四位下に叙す。少將如元。
  • 正治2年(1200年)正月22日:従四位上に叙す(八條院建久元年大嘗會御給)。
  • 正治3年(1201年)正月29日:播磨介を兼ぬ。
  • 建仁2年(1202年)11月19日:正四位下に叙す(春宮御給)。
  • 建仁3年(1203年)正月13日:左近衛権中将に転ず。
  • 元久2年(1205年)正月29日:備前権介を兼ぬ。
  • 建永2年(1207年)2月16日:蔵人頭に補す。10月29日:参議に任ず。中將如元。
  • 承元2年(1208年)正月29日:但馬権守を兼ぬ。12月9日:従三位に叙す。
  • 承元4年(1210年)7月21日:正三位に叙す。
  • 建暦元年(1211年)9月8日:右兵衛督に任ず。検非違使別當と為す。10月12日:権中納言に任ず。
  • 建暦2年(1212年)正月13日:右兵衛督・使別當を辞す。
  • 建暦3年(1213年)正月13日:従二位に叙す(修明門院御給)。
  • 建保5年(1217年)正月28日:正二位に叙す(臨時)。
  • 建保7年(1219年)3月4日:中納言に転ず。
  • 承久2年(1220年)4月6日:左衛門督に任ず。4月23日:服解。9月15日:復任。
  • 貞応元年(1222年)11月15日:左衛門督を辞す。
  • 元仁元年12月25日(1225年2月4日):権大納言に任ず。
  • 嘉禄元年(1225年)7月6日:辞任。
  • 嘉禄2年(1226年)3月6日:本座。
  • 嘉禄3年(1227年)10月4日:還任(依伊勢神宮勅使)。
  • 安貞2年(1228年)11月9日:病に依り之を辞す。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 猪隈関白記承元3年8月16日条
  2. ^ 明月記嘉禄2年正月29日条