六条家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
六条家
家紋
まるにささりんどう
丸に笹竜胆
本姓 村上源氏久我庶流
家祖 六条通有
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 六条有房
六条有忠
六条有光
六条有広
六条有容
支流、分家 中院家羽林家
千種家(羽林家)
戸田氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

六条家(ろくじょうけ)は、羽林家家格を有する公家村上源氏久我家庶流太政大臣久我通光の五男・六条通有を家祖とする。家名は、2代・有房が京都六条に住した事による。歌道家として著名な六条藤家は別系(藤原北家末茂流)である。



概要[編集]

家業は有職故実江戸時代家禄は265石。外様。菩提所は百万遍源光院

家祖・通有は不遇に終わるも、その子・有房後宇多上皇院使として信任厚く、元応元年(1319年)危篤に際して内大臣に至り、堂上家の礎を築いた。有房の子・有忠正二位権中納言に昇り、鎌倉幕府に対して東宮邦良親王践祚を求めたが、親王の薨御に伴って出家し、以後大納言極官とする羽林家となる。なお、有房・有忠父子は書道和歌の才能をもって聞こえ、その作品は古筆研究家から珍重されている。有忠の子・有光は六条家で唯一淳和院奨学院両院の別当となった。その孫・有定には後嗣なく、支流の千種家から有継を養子として迎えるが、有継が永正9年(1512年伊勢国で没するに及んで六条家は再び中絶した。

天正4年(1576年冷泉為純の四男・俊久(有広)が源姓に改めて家督を相続する。相続者については、当初清和源氏竹内長治も候補に挙がっていたという。有広の孫・有和の後は、一男・有綱、二男・房忠が長病を理由に家嫡を辞退したため、三男・有藤が家督を継いだ。以後、有起有栄有庸権大納言に昇った他、有栄は議奏、有庸は議奏・武家伝奏にも補されている。幕末有容は初め勤王派公家であったが、程なく公武合体を唱えて議奏となる。明治17年(1884年華族令により有熙子爵を授けられた。

歴代当主[編集]

  1. 六条通有(? - ?)
  2. 六条有房(1251年 - 1319年)
  3. 六条有忠(1281年 - 1339年)
  4. 六条有光(1310年 - ?)
  5. 六条有孝(1348年 - 1392年)
  6. 六条有定(1385年 - 1448年)
  7. 六条有継(1435年 - 1512年)
  8. 六条有雄(? - ?)
  9. 六条有広(1564年 - 1616年)
  10. 六条有清(? - ?)
  11. 六条有純(1604年 - 1644年)
  12. 六条有和(1624年 - 1686年)
  13. 六条有綱(1654年 - 1698年)
  14. 六条房忠(1668年 - 1735年)
  15. 六条有藤(1672年 - 1729年)
  16. 六条有起(1701年 - 1778年)
  17. 六条有栄(1727年 - 1787年)
  18. 六条有庸(1752年 - 1829年)
  19. 六条有福(1779年 - 1781年)
  20. 六条有輝(1781年 - 1783年)
  21. 六条有家(1770年 - 1815年)
  22. 六条有言(1791年 - 1846年)
  23. 六条有容(1814年 - 1890年)
  24. 六条有義(1830年 - 1903年)
  25. 六条有熙(1862年 - 1941年)
  26. 六条有直(1888年 - 1941年)
  27. 六条有康(1923年 - )
  28. 六条宏一(1957年 - )

系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の六条家領は以下の通り。(4村・265石2升)

  • 山城国乙訓郡大藪村のうち - 100石
  • 山城国乙訓郡菱川村のうち - 45石
  • 山城国乙訓郡鶏冠井村のうち - 115石
  • 山城国紀伊郡竹田村のうち - 5石2升

出典[編集]

外部リンク[編集]