土御門家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土御門家(つちみかどけ)は、日本朝廷に仕えた公家である。

土御門家(村上源氏)[編集]

土御門家
(村上源氏久我庶流)
No image available.svg
本姓 村上源氏久我庶流
家祖 土御門定通
種別 公家
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国京都
凡例 / Category:日本の氏族

鎌倉時代初期に権勢を振るった村上源氏嫡流内大臣源通親(土御門通親)の子孫。通親の四男内大臣・土御門定通が祖。定通の孫で太政大臣に昇った定実をはじめ、室町時代初期まで清華家の家格を維持したが、室町時代中期に有通が早世し断絶した。

通親の長男通宗や六男通行も土御門を号し、特に通宗は死後後嵯峨天皇外祖父として左大臣を贈られたが、いずれも鎌倉時代に絶家した。

土御門家(安倍氏)[編集]

土御門家
(安倍氏嫡流)
家紋
揚羽蝶あげはちょう
本姓 安倍朝臣嫡流
家祖 安倍晴明土御門有宣
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国京都
若狭国名田庄
東京府(明治以降)
著名な人物 土御門久脩
土御門泰福
土御門藤子
土御門晴榮
支流、分家 倉橋家
凡例 / Category:日本の氏族

平安時代陰陽師天文博士安倍晴明の末裔で、朝廷に仕える公家家格半家。明治以降は華族子爵)。

代々陰陽道ことに天文道家学とし、安倍氏嫡流として、安倍氏の氏長者を代々勤めた。安倍氏は、室町時代に他の公家同様本姓ではなく家名苗字)を称するようになった。一般的には室町時代の当主・安倍有世をもって土御門家の初代とするが、実際には室町時代中期から戦国時代にかけての当主・有宣から土御門の家名を名乗ったといわれている。

応仁の乱以来の戦乱を避けて、有宣以降4代にわたり若狭国南部名田庄(現在の福井県大飯郡おおい町)に移住していた。当時の若狭は、東軍の副将を務めた強大な守護大名武田氏の守護国であり、庇護に与るため都の公卿たちが多数下向し繁栄していた。江戸時代初期に土御門久脩徳川家康の命令で完全に京都に戻り、御所周辺の公家町ではなく、梅小路に研究所も兼ねた大規模な邸宅を構えた。天皇即位や征夷大将軍宣下の儀式時には天曹地府祭という祈祷を行った。

江戸時代中期の当主・土御門泰福1655年 - 1717年)は天和3年(1683年)、全国の陰陽師の支配・任免を土御門家の独占とすることに成功して、土御門家は唯一の陰陽道宗家として全盛期を迎える。以降陰陽頭は土御門家が独占することとなる。さらに泰福は、神道山崎闇斎に師事して、陰陽道と垂加神道を融合した土御門神道を創設した。

土御門家は、実質的には幕末の当主土御門晴雄1827年 - 1869年)を最後に、明治維新後には陰陽道天文学の家柄としては排斥されてしまった[注 1]が、華族令により、晴雄の養嗣子晴栄1859年 - 1915年)が子爵を授けられ、貴族院議員も務めた。

戦後はかつての土御門家の知行地である福井県遠敷郡名田庄村(現 大飯郡おおい町名田庄)に宗教法人天社土御門神道本庁」を置き、時の当主・土御門範忠1920年 - 1994年)が同管長を務めていたが、範忠が1994年に死去して後、土御門家は土御門神道に一切関与しておらず、現在の管長を務める藤田義仁は土御門家の末裔ではない。

なお、安倍晴明の男系血脈は、宇多源氏綾小路家の子で安倍氏庶流倉橋家の養子となった倉橋有儀1738年 - 1784年)と、その息子で土御門家の養子となった土御門泰栄1758年 - 1806年)の代で断絶しており、現在の土御門家・倉橋家当主はいずれも更に養子相続を繰り返した結果、戦国時代の当主・土御門有脩から数えて共に4回も女系を経た遠縁となってしまっている[1][2][注 2]。現在に残る土御門家の末裔としては、現状の最後の男性当主である土御門範忠の娘、土御門善子(1959年 - )が一人のみである[3][4]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の土御門家領は以下の通り。(5村・183石6斗)

  • 山城国葛野郡西院領のうち - 10石
  • 山城国葛野郡梅小路村のうち - 86石
  • 山城国乙訓郡鶏冠井村のうち - 50石
  • 山城国乙訓郡寺戸村のうち - 20石
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 17石6斗

土御門家(藤原北家)[編集]

土御門家
(藤原北家日野流)
No image available.svg
本姓 藤原北家日野流庶流柳原庶流
家祖 土御門保光
種別 公家
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国京都
凡例 / Category:日本の氏族

南北朝時代柳原資明柳原家の祖)の子である保光を祖とする公家。保光と息子資家権大納言に昇った。

だが、嘉吉元年(1441年)7月資家の子である頭弁長淳出家して唐橋在豊の子を猶子に迎えて家督を譲ろうとしたところ、宗家日野家をはじめとする一門の諸家が菅原氏系の唐橋家からの猶子に反対したのをきっかけに朝廷の議論は紛糾して室町幕府もこれに介入し、最終的には後花園天皇の勅裁によって6か所の所領全てを没収され、1か所は唐橋在豊の子に与えられ、残り5か所は中御門家四辻家(ただし、洞院家と所領交換される)などに5分割に処せられて絶家させられた[5]

系図[編集]

※ 実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ よって、この時点で土御門家も倉橋家家学陰陽道から離れ、そもそも陰陽師なる役職が公的存在性を失った上、戦後天社土御門神道が再興されたが、土御門家現当主は一切関与しない姿勢でいるため、明治以降現代において「陰陽師」、「陰陽道宗家」などといった役職は存在せず、民間的な存在有無は別として、公的には現存しない。
  2. ^ よって、「安倍晴明の男系直系末裔」は、信憑性のある公的な系譜上、現存しない。

出典[編集]

  1. ^ Reichsarchiv ~世界帝王事典~ 土御門家(半家)
  2. ^ Reichsarchiv ~世界帝王事典~ 倉橋家(半家)
  3. ^ Reichsarchiv ~世界帝王事典~ 土御門範忠
  4. ^ “安倍晴明の子孫の墓ピンチ 京都、連絡取れず寺が供養”. 京都新聞. (2017年2月11日). http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170211000098 
  5. ^ 建内記』嘉吉元年7月7日・10月2日・12日条。

参考文献[編集]