萩原家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
萩原家
家紋
みつかしわ
三つ柏
本姓 卜部氏吉田庶流
家祖 萩原兼従
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 萩原兼従
萩原員従
支流、分家 錦織家(半家)
凡例 / Category:日本の氏族

萩原家(はぎわらけ)は、卜部朝臣本姓とする堂上家江戸時代前期の吉田兼治の長男で、祖父兼見の養子となった萩原兼従を祖とする。

家格半家正二位非参議極位極官とする。家職は神道江戸時代家禄は1000。半家でありながら家禄が摂家並なのは、萩原家がそもそも豊国神社の社務を世襲する社家として創設された家で、社家としての役料が大坂の陣後に豊国神社が破却された後もそのまま認められたためである。

分家に錦織家明治になって華族に列し、9代員光子爵に叙せられた。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
萩原兼従
 
 
 
 員従[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 兼澄[2]錦織従久
錦織家
 
 
兼武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員領錦織従房土御門泰信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員幹従言
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
従言員維堀河康親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員維錦織久雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員光萩原静子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員種日野西光善員信員拾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員振員崇
 
 
兼武

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の萩原家領は以下の通り。(2村・980石9斗1升8合9勺9才)

  • 丹波国氷上郡のうち - 2村
    • 上垣村のうち - 360石
    • 中竹田村のうち - 620石9斗1升8合9勺9才

補注[編集]

  1. ^ 右兵衛佐富小路頼直の子
  2. ^ 権大納言油小路隆貞の子

参考文献[編集]