萩原家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
萩原家
家紋
丸に三つ柏まるにみつかしわ
本姓 卜部氏吉田庶流
家祖 萩原兼従
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 萩原兼従
萩原員従
支流、分家 錦織家(半家)
凡例 / Category:日本の氏族

萩原家(はぎわらけ)は、卜部氏吉田家庶流にあたる公家華族だった家。公家としての家格は半家、華族としての家格は子爵[1]。分家に錦織家がある。

歴史[編集]

江戸時代前期の吉田兼治の長男で、祖父兼見の養子となった萩原兼従を祖とする。正二位非参議極位極官とする。家職は神道江戸時代家禄は1000[注釈 1]。半家でありながら家禄が摂家並なのは、萩原家がそもそも豊国神社の社務を世襲する社家として豊臣秀吉の推挙により創設された家で、社家としての役料が大坂の陣後に豊国神社が破却された後も家領としてそのまま徳川家康(江戸幕府)にも認められたためである。

明治維新後の明治2年(1869年)6月17日の行政官達で公家と大名家が統合されて華族制度が誕生する萩原家も公家として華族に列した[2][3]。明治17年(1884年)7月7日の華族令の施行で華族が五爵制になると、同8日に大納言直任の例がない旧堂上家[注釈 2]として9代員光子爵に叙された[5]。10代員種の娘の一人は京都大学一瀬雷信に嫁いだ。11代兼武の代の昭和前期に萩原子爵家の邸宅は京都府愛宕郡八瀬村にあった[6]

萩原家初代兼従の肖像画
萩原家10代員種の写真

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
萩原兼従
 
 
 
 員従[7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 兼澄[8]錦織従久
錦織家
 
 
兼武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員領錦織従房土御門泰信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員幹従言
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
従言員維堀河康親
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員維錦織久雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員光萩原静子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員種日野西光善員信員拾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
員振員崇
 
 
兼武

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によれば幕末期の萩原家領は、丹波国氷上郡上垣村のうち360石、中竹田村のうち620石9斗1升8合9勺9才であり、合計2村・980石9斗1升8合9勺9才。
  2. ^ 中納言からそのまま大納言になることを直任といい、中納言を一度辞してから大納言になるより格上の扱いと見なされていた。叙爵内規は歴代当主の中にこの大納言直任の例があるか否かで平堂上家を伯爵家か子爵家かに分けていた[4]

出典[編集]

  1. ^ 小田部雄次 2006, p. 335.
  2. ^ 浅見雅男 1994, p. 24.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-14.
  4. ^ 浅見雅男 1994, p. 118.
  5. ^ 小田部雄次 2006, p. 330.
  6. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 420.
  7. ^ 右兵衛佐富小路頼直の子
  8. ^ 権大納言油小路隆貞の子

文献[編集]

  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻  霞会館、1996年
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』 東京堂出版、1994年
  • 『雲上明覧大全』京都書林、1845年