岩倉家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩倉家
家紋
笹竜胆ささりんどう
本姓 村上源氏
家祖 岩倉具堯
種別 公家羽林家
華族公爵
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国洛北岩倉村
著名な人物 岩倉具視
一絲文守
岩倉靖子
岩倉具子(小桜葉子)
支流、分家 岩倉家(分家)
  具経流(華族子爵
  道倶流(華族・男爵
千種家羽林家
植松家(羽林家)
南岩倉家奈良華族
凡例 / Category:日本の氏族

岩倉家(いわくらけ)は、村上源氏久我家の流れを汲む公家華族である。公家としての家格は羽林家新家、華族としての家格は公爵[1]鎌倉幕府源頼朝と対立した源通親の子孫で、堂上源氏十家のひとつ。村上源氏の名門ではあったが江戸時代家禄は150で、中級の公家だった。幕末・明治初期の当主岩倉具視明治維新の功績により明治以降は公爵家に列した[2]通字は「」(とも)。

概要[編集]

江戸時代初期の元和1615年1624年)年間に久我晴通の四男久我具堯が分家を許され、京都洛北岩倉村の所領にちなみに岩倉を家名としたのにはじまる。

分家に千種家(具堯の二男千種有能にはじまる)や植松家(千種有能の子植松雅永にはじまる)がある。

岩倉家の当主もしばしばこれらの家から養子入りしている。

一門からは天皇から仏頂国師という国師号を賜った高僧の一絲文守も出た。一絲文守は岩倉具視が隠棲した霊源寺を開山したことでも知られている。

幕末から明治時代にかけての当主岩倉具視は、明治維新の功績によって太政大臣(首相)三条実美に次ぐ右大臣に任じられ、さらに具視没後の1884年(明治17年)に次男岩倉具定羽林家としては異例の公爵に叙せられている。また具視の三男岩倉具経と具視の孫岩倉具徳も同年に分家して本家と別に男爵に叙され、具経の子岩倉具明は1891年(明治24年)に子爵に陞爵した。1896年(明治29年)には具視の四男岩倉道倶も男爵に叙された[3]

系図[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
久我晴通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久我家
 
 
 
1岩倉具堯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2具起
 
 
 
千種有能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3具詮
 
 
 
有維植松雅永
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4具成5乗具乗具有敬
千種家
雅孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6恒具有敬賞雅賞雅幸雅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7尚具尚具広雅幸雅
植松家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8広雅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9具選[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10具集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11具満12具賢[5]13具慶[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14具視[7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15具綱[8]南岩倉具義
南岩倉家
具定1具経
 
 
 
1道倶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16具定1具徳
〔男爵家〕
 
 
 
2具明鮫島具重2泰倶
〔男爵家〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17具張
 
 
 
 
 
 
3具正
〔子爵家〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18具栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19具忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の岩倉家領は以下の通り。(5村・150石)

  • 山城国愛宕郡今熊野村のうち - 19石8斗7升
  • 山城国葛野郡西七条村のうち - 10石
  • 山城国葛野郡朱雀村のうち - 40石
  • 山城国葛野郡岡村のうち - 72石1斗5升7合
  • 山城国乙訓郡下久世村のうち - 7石9斗7升3合

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小田部雄次 2006, p. 57.
  2. ^ 小田部雄次 2006, p. 327.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 327/339/350.
  4. ^ 柳原光綱の子。
  5. ^ 今城定成の末子。
  6. ^ 大原重成の二男。
  7. ^ 堀河康親の子。具慶の女婿。
  8. ^ 富小路政直の長男。

参考文献[編集]

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 

備考[編集]