櫛笥家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
櫛笥家
家紋
田字草でんじそう
本姓 藤原北家四条流
家祖 四条隆憲
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 櫛笥隆子
櫛笥賀子
支流、分家 園池家(羽林家)
八条家(羽林家)
凡例 / Category:日本の氏族

櫛笥家(くしげけ)は、藤原北家四条流公家である。家格羽林家正親町三条公兄の子で松陰居士(名は不詳)の子・四条隆憲を祖とする。

家の歴史[編集]

立家[編集]

戦国時代四条家を再興した四条隆昌勅勘を蒙りに出奔した。四条家は正親町三条公兄の孫にあたる四条隆憲が継承することとなり、さらに隆憲の弟である隆致が兄の後を継承した。

慶長6年(1601年)5月、隆昌が徳川家康の奏請により許されて四条家当主に帰されると、隆致の系統は櫛笥を称し別家を立てた。

櫛笥は平安京の櫛笥小路に由来する。

江戸時代[編集]

隆致の女・隆子後水尾天皇後宮に入り、後西天皇国母となり院号宣下あって逢春門院を号した。さらに隆賀の女・賀子東山天皇後宮に入り、中御門天皇閑院宮直仁親王など5皇子1皇女を産み、のちに院号宣下あって新待賢門院を号した。江戸時代石高は183石[1]

明治以降[編集]

明治維新後、華族令施行により隆督子爵に叙せられた[2]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
四条隆昌
 
 
 
隆憲1
 
 
 
隆致2[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
櫛笥隆朝3園池家
園池宗朝
隆子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆方4隆胤隆賀
 
 
 
隆胤5
 
 
 
隆賀6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
賀子隆成7[4]八条家
八条隆英
隆兼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆兼8隆周10隆望11[5]隆周
 
 
 
 
 
隆秀9隆久12[6]
(康基)
 
 
 
隆邑13
 
 
 
隆起14
 
 
 
隆韶15
 
 
 
隆義16[7]
 
 
 
隆督17
 
 
 
隆智18

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の櫛笥家領は以下の通り。(4村・183石余)

  • 山城国愛宕郡一乗寺村のうち - 60石
  • 山城国葛野郡梅小路村のうち - 49石余
  • 山城国乙訓郡鶏冠井村のうち - 54石
  • 山城国乙訓郡開田村のうち - 20石

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]