四条隆昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
四条隆昌
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 弘治2年(1556年
死没 慶長18年5月12日1613年6月29日
改名 家賢→四条隆昌
別名 三位中将
官位 左近中将
主君 正親町天皇後陽成天皇
氏族 上冷泉家月輪家四条家
父母 父:冷泉為益
兄弟 隆昌冷泉為満山科言経室、
楠木正辰室、為子小倉正次正室
養兄弟:隆憲[1]
磯部兵部大輔娘、御茶々、恵光寺娘
藤谷為賢室、本多美濃守室、小上﨟、
隆術
テンプレートを表示

四条 隆昌(しじょう たかまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての公卿権中納言冷泉為益の長男。官位左近中将四条家15代当主。

経歴[編集]

始め二条家諸大夫月輪家を相続し名を家賢といった。

天正3年(1575年)3月、前当主・四条隆益が死去し中絶していた四条家を再興し、名を隆昌と改めた。天正8年(1580年)1月に従四位下となったが、勅勘を蒙り摂津国に出奔した。その間、正親町三条公兄の孫の隆憲、次いで隆致が四条家に迎えられている。しかし隆昌は、慶長6年(1601年)5月、徳川家康の奏請により、勅免出仕し四条家に戻った。このため当時四条家を継いでいた隆致の子・隆朝は別家を立て櫛笥家と称した。

慶長18年(1613年)5月12日、薨去。享年58。

系譜[編集]

  • 父:冷泉為益
  • 母:不詳
  • 妻:磯部兵部大輔女
  • 妻:御茶々
  • 妻:恵光寺女
  • 生母不明の子女

脚注[編集]

  1. ^ (-1591)、正親町三条公兄の孫

出典[編集]

  • 橋本政宣 編『公家事典』、吉川弘文館、2010年
  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年
先代:
四条隆益
四条家当主
15代
次代:
四条隆術