持明院家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
持明院家
家紋
ぎょうよう
杏葉
本姓 藤原北家中御門流支流
家祖 藤原基頼
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
支流、分家 園家(羽林家)
高野家(羽林家)
石野家(羽林家)
一条家公家
大沢氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

持明院家(じみょういんけ)は、藤原北家中御門流公家である。藤原道長の次男藤原頼宗の曾孫、藤原俊家の子・基頼の流れを組む。家格羽林家江戸時代石高は200石。家学は鷹匠書道(筆道宗家)、神楽[1]明治維新後は、基哲子爵に叙せられた。



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
藤原俊家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基頼1 宗俊
中御門(松木)家
宗通
〔坊門家〕
 
 
 
通基2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通親 通重
一条家
持明院基家3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基宗4 保家 北白河院 園基氏
園家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家行5 基能 家隆 基保 親保 家時 俊保 家教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家定6 基長 基方 俊藤 保有 相保 基光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基盛7 基直 基孝 保世 保脩 保冬 長相 基澄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基世8 基連 基継 保定 保通 家相 基清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基兼9 家秀 基繁 家藤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基清10 基輔 家繁 基秀
 
 
 
 
 
基親11 大沢基久
 
 
 
 
 
基繁12
 
 
 
 
 
基信13
 
 
 
 
 
基春14
 
 
 
 
 
基規15
 
 
 
 
 
基孝16 基房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基久17[2] 基子 基相
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基征18 河鰭基秀 富小路頼直 基胤 基雄
 
 
 
 
 
基定19 基宿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基時20 高野保春
高野家
基重 持明院基定 基成 基近 基賀[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基輔21 石野基顕
石野家
基禎 基将 尚親 基哲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基雄22 四辻公尚 持明院家胤 大沢基貫 大沢基清 基恒[4] 基明 山名豊有 定時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家胤23 基清 基隆 基隆 六角広雄 六角広孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗時24[5] 基業 松平基春 基朝 近藤英用
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基武25 基逸 基季 定寧 大沢基之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基敦26 基靖 基隆 基休 基之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基延27 河鰭実利 高野保右 基休 基栄 基昭 基蒔 基国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基政28 高野保美 基道 基暢
 
 
 
 
 
 
 
基和29 基恭 基寿
 
 
 
 
 
基静30[6] 基明
 
 
 
福子31[7]
 
 
 
基哲32[8]
 
 
 
基揚33

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の持明院家領は以下の通り。(3村・200石)

  • 山城国葛野郡郡村のうち - 105石
  • 山城国乙訓郡下植野村のうち - 50石
  • 山城国乙訓郡石見上里村のうち - 45石

脚注[編集]

  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)持明院
  2. ^ 正親町季秀の子。
  3. ^ 尾張徳川家臣・渡辺忠の七男。
  4. ^ 伊勢津藩主藤堂高次の四男。
  5. ^ 高倉永房の次男。
  6. ^ 飛鳥井雅典の三男。
  7. ^ 基政夫人、富小路貞直二女。
  8. ^ 石野基佑の二男。

系譜参考[編集]

関連項目[編集]