持明院基規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
持明院 基規
生誕 明応元年(1492年
死没 天文20年9月1日1551年9月30日
改名 家親 → 基規
別名 :一忍軒
官位 官職大蔵卿参議右衛門督権中納言
位階従五位下正三位
主君 後土御門天皇後柏原天皇後奈良天皇
氏族 藤原北家中御門流持明院家
父母 父:基春
基孝
テンプレートを表示

持明院 基規(じみょういん もとのり)は、室町時代公卿参議持明院基春の子[1]

概要[編集]

明応4年(1495年)には従五位下に任じられ、大蔵卿参議右衛門督を経て権中納言となる[1]位階は最終的に正三位に任じられた[1]。この間に美濃国周防国にしばしば下向したが、天文20年(1551年)の周防滞在中、陶隆房が主君の大内義隆を討った謀反大寧寺の変)に巻き込まれ、殺害された[1]享年60。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『戦国人名事典 コンパクト版』402ページ