藤原基頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原基頼
時代 平安時代後期
生誕 長久元年(1040年
死没 保安3年5月27日1122年7月2日
官位 正五位下、中務大輔
氏族 藤原北家中御門流持明院家
父母 父:藤原俊家、母:源為弘の娘
兄弟 基頼宗俊師兼基俊宗通
正室:藤原国仲の娘
通基俊保覚基
テンプレートを表示

藤原 基頼(ふじわら の もとより)は、平安時代後期の公家、武人。右大臣藤原俊家の長男。持明院家の祖。陸奥越前能登といった各国の国司や常陸介を歴任した。

生涯[編集]

上流貴族の家に生まれたが、弓や馬、鷹、犬といった武芸を好み、武人としても活躍した[1]康和5年(1103年)に陸奥守に任じられ、翌康和6年(1104年)には鎮守府将軍を兼ねた。天永2年(1111年)頃には東北の蝦夷を討った。

現在の京都市上京区に邸宅を構え、邸内に持仏堂を営んでこれを持明院と名付けたため、基頼の子孫は持明院家を称している。

系譜[編集]

  • 父:藤原俊家
  • 母:家女房(源為弘の娘)
  • 妻:藤原国仲の娘
  • 生母不明
    • 男子:藤原俊保
    • 男子:覚基
    • 女子:

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尊卑分脈』に「嗜弓馬好鷹犬、達武略」とある。
先代:
持明院家
初代
次代:
藤原通基