藪家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藪家
(高倉家)
家紋
まるにだきぎょうよう
丸に抱き杏葉
本姓 藤原南家武智麻呂流)
(藤原南家高倉流)
藤原北家閑院流四辻支流
家祖 藤原範季
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 高倉篤麿
高倉公朋
支流、分家 中園家(羽林家)
高丘家(羽林家)
凡例 / Category:日本の氏族

藪家(やぶけ)(または、高倉家(たかくらけ))は、藤原北家閑院流四辻家支流(中絶するまでは藤原南家武智麻呂流(高倉流))の公家藤原南家の祖・藤原武智麻呂の子孫である藤原範季を祖とする。



概要[編集]

範季は、後白河院の近臣で、娘・範子が順徳天皇の生母となり、贈左大臣。高倉を号した。戦国時代参議範久の時に中絶する。一時権大納言柳原淳光の子・範国が入るが、またも中絶。その後、藤原北家閑院流四辻支流権大納言四辻公遠の三男(八男とも)嗣良が再興、家名を高倉から藪に改称した。

家格羽林家。家業は神楽江戸時代の石高は初め180石。後に150石[1]明治維新後は篤麿子爵に叙せられ、侍従貴族院議員を務めた。篤麿は1936年昭和11年)家名を元の高倉に改名している[2]

戦後は、伊勢神宮大宮司を務めた[3]公朋は、河鰭実英の三男。医師医学博士、専門は脳神経外科学東京大学名誉教授東京女子医科大学名誉教授、同学学長等を務めた[4]


系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の藪家領は以下の通り。(5村・150石1斗1升7合)

  • 山城国愛宕郡一乗寺村のうち - 60石
  • 山城国葛野郡郡村のうち - 64石
  • 山城国葛野郡西八条村のうち - 18石6斗8升2合
  • 山城国葛野郡東寺廻りのうち - 2石4斗3升5合
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 5石

脚注[編集]

  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)藪
  2. ^ 藪家(羽林家)
  3. ^ 高倉篤麿/藪篤麿
  4. ^ 医師紹介:高倉 公朋:東京脳神経センター (日本語)
  5. ^ 四辻季経の四男。
  6. ^ 冷泉為豊の次男。
  7. ^ 柳原淳光の次男。
  8. ^ 四辻公遠の次男。
  9. ^ 四辻公遠の三男。先代・範遠の弟。
  10. ^ 清水谷雅季の三男。
  11. ^ 正親町公明の四男。
  12. ^ 勘解由小路光宙の長男。
  13. ^ 河鰭実英の三男。

出典[編集]

外部リンク[編集]