正親町公明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
正親町公明
時代 江戸時代後期
生誕 延享元年3月25日1744年5月7日
死没 文化10年10月13日1813年11月5日
改名 公功(初名)→公明→竟空(法名)
官位 正二位権大納言
主君 桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇光格天皇
氏族 正親町家
父母 父:正親町実連、母:広幡豊忠の娘
兄弟 公明愛親公理、脩子(鷲尾鷹建室)
鍋島親(鍋島直員の娘、鍋島治茂養女)
実賢実光、成実、実嗣実孚、八千子、環子
テンプレートを表示

正親町 公明(おおぎまち きんあき)は、江戸時代後期の公家。初名は公功。孝明天皇の曽祖父。

経歴[編集]

1765年明和2年)蔵人頭1768年(明和5年)参議1779年安永8年)権大納言に至る。翌1780年(安永9年)から院評定衆・院伝奏を歴任。1791年寛政3年)から武家伝奏となるが、翌1792年(寛政4年)尊号一件光格天皇が実父典仁親王太上天皇号を贈ろうとしたが幕府に拒否された事件)の責任をとらされて職を免じられた。1803年享和3年)後桜町上皇の院別当を辞して、出家し竟空と号した。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年
  • 高橋博『近世の朝廷と女官制度』、吉川弘文館、2009年

関連項目[編集]