飛鳥井家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飛鳥井家
No image available.svg
銀杏
本姓 藤原北家花山院流難波家庶流
家祖 飛鳥井雅経
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 飛鳥井雅経
飛鳥井雅世
飛鳥井雅親
飛鳥井雅庸
支流、分家 藤枝家奈良華族
凡例 / Category:日本の氏族
飛鳥井邸跡に建つ白峯神宮

飛鳥井家(あすかいけ)は、藤原北家師実流花山院家)の一つである難波家庶流である。家格は羽林家

歴史[編集]

鎌倉時代前期、難波頼経の子雅経に始まる。代々和歌蹴鞠の師範を家業とした。頼経の父難波頼輔は本朝における蹴鞠一道の長とも称された蹴鞠の名手であったが、孫の飛鳥井雅経も蹴鞠に秀で、飛鳥井流の祖となった。鎌倉幕府2代将軍源頼家も蹴鞠を愛好して雅経を厚遇し、一方で雅経は後鳥羽上皇に近侍し藤原定家などとともに『新古今和歌集』を撰進し、和歌蹴鞠の師範の家としての基礎を築いた。 応仁の乱で、一族が近江国や、長州に移住し、家業を広めた。

室町時代には将軍家に近侍した雅世雅親父子が歌壇の中心的歌人として活躍した。飛鳥井雅世は、『新続古今和歌集』の撰者となり、飛鳥井雅親は、和歌・蹴鞠のほかににも秀で、その書流も蹴鞠と同じく飛鳥井流と称される。雅親の弟・飛鳥井雅康(二楽軒)も歌人としての名声が高く、足利将軍家や若狭守護武田元信などの有力な武家と深い親交があった。

戦国時代から江戸時代初期にかけての当主であった飛鳥井雅庸は、徳川家康から蹴鞠道家元としての地位を認められた。江戸時代の家禄は概ね928石であった。幕末飛鳥井雅典武家伝奏をつとめている。

明治維新の後、飛鳥井雅望の時伯爵に列せられた。また、明治維新に伴い、邸宅は東京に移転したが、それに伴い空き地となった邸宅跡に創建されたのが白峯神宮である。飛鳥井家が蹴鞠の師範だったこともあり、境内地に地主社として蹴鞠の守護神が祀られており、現在はサッカー・球技全般の神とされている。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
難波頼経
 
 
 
飛鳥井雅経1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
教雅 教経 教定2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼教 忠輔 雅有3 定有 基長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅綱 経教 雅顕 雅孝4 雅朝 雅孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
教藤 雅行 雅家5 経有 雅教 雅宗 雅冬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
教春 教輔 雅俊 雅縁6 雅冬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅世7
(雅清)
雅永
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅親8 雅康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅俊9 土岐益豊 頼孝
 
 
 
 
 
雅綱10 雅量
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅春11 尭慧 覚澄 虎熊丸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅敦12 松木宗房 藤江雅良 西洞院時慶 鹿持雅春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅庸13 正知 柳村安治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅胤14 雅章 難波宗勝 雅賢 惟恒
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅章15 難波宗種 雅房 白川政平 雅武 惟政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅知16 難波宗量 雅直 雅豊 難波宗尚 惟則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅直17 雅君 鹿持雅澄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅豊18 雅慶 雅敬 雅愛
 
 
 
 
 
雅香19[1] 飛鳥井雅古
 
 
 
 
 
雅重20 雅四
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅威21 松木宗章 紀三冬[2] 雅仁 雅義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅光22 河鰭実清 雅之 雅巳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅久23 滋岡功長[3] 雅崇 雅史
 
 
 
雅典24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅望25 藤枝雅之 持明院基静 恒麿 大谷勝道 下村忠三郎 杉貞三
 
 
 
 
 
恒麿26 雅脩
 
 
 
雅信27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅道28 雅慶
  1. ^ 西園寺致季の2男。
  2. ^ 日前神宮・國懸神宮宮司(74代紀伊国造)・紀慶俊の養嗣子。
  3. ^ 桑原忠長の子。大阪天満宮神主・滋岡長昌の養嗣子。

参考文献[編集]

  • 『新訂増補国史大系公卿補任 第1篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4-642-00356-8
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第2篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4-642-00357-6
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第3篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4-642-00358-4
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第4篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4-642-00359-2
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第5篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4-642-00360-6
  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第1篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編) ISBN 4-642-00362-2
  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第2篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編) ISBN 4-642-00363-0
  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第3篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編) ISBN 4-642-00364-9
  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第4篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編) ISBN 4-642-00365-7

系譜参考[編集]

関連項目[編集]