名家 (公家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名家(めいけ、めいか)とは、鎌倉時代以降に成立した公家家格のひとつで、羽林家と同列で、半家の上の序列に位置する。

概要[編集]

大納言極官とするのは羽林家と同じだが、羽林家近衛中将などの武官職を経て大納言に進むのに対し、名家は侍従弁官蔵人蔵人頭を兼任)などの文官職を経て中納言大納言に進む。例外として日野家左大臣烏丸家万里小路家内大臣柳原家准大臣に進んだ者もある。また、日野流侍従を初任とするが勧修寺流廷中佐(衛門権佐)を初任とする場合が多く、新家の場合には弁官のみで蔵人を兼ねず、途中で四府佐や八省輔を経た後に参議に任ぜられる家があるなど、家によって昇進に差がある場合がある。

幕末時で名家は30家弱を数えるが、その大部分は日野流藤原氏および勧修寺流藤原氏および桓武平氏の諸家。中でも、日野家広橋家烏丸家柳原家竹屋家裏松家甘露寺家葉室家勧修寺家万里小路家清閑寺家中御門家坊城家は、十三名家と呼ばれる。

名家[編集]

藤原北家日野流[編集]

藤原北家日野流に12家:

藤原北家勧修寺流[編集]

藤原北家の勧修寺流に13家:

桓武平氏高棟王流[編集]

桓武平氏高棟王流に3家:

関連項目[編集]