清閑寺資房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
清閑寺資房
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 嘉元2年(1304年
死没 興国5年/康永3年11月4日1344年12月9日
官位 正三位参議
主君 花園天皇後醍醐天皇光厳天皇光明天皇
氏族 藤原北家勧修寺流吉田家庶流清閑寺家
父母 父:吉田経長、母:冷泉経頼の娘
兄弟 吉田定房吉田隆長吉田冬方吉田頼国資房、経雅、経耀、大炊御門冬氏室、大炊御門冬氏室、二条為藤
資定
テンプレートを表示

清閑寺 資房(せいかんじ すけふさ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿藤原北家勧修寺流吉田家権大納言吉田経長の五男。官位正三位参議清閑寺家の祖。

経歴[編集]

吉田経長の五男として生まれ、異母兄・吉田定房の養子となる[1]。はじめ左衛門佐に任官し、元応2年(1320年右少弁元亨元年(1321年正五位上左少弁に叙任される。

元亨2年(1322年従四位下記録所寄人に叙任。元亨3年(1323年因幡守権右中弁に任ぜられ、元亨4年(1324年従四位上左中弁に叙任され、右宮城使を兼ねる。正中2年(1325年)に入り、左宮城使装束司右大弁を務め、正中3年(1326年正四位下左大弁中宮亮蔵人頭も務めた。

嘉暦2年(1327年)参議に任ぜられ公卿に列し、嘉暦3年(1328年従三位伊予権守に叙任されるが参議を辞退。元徳2年(1330年)には伊予権守を辞任した後は散位となった。元徳3年(1331年正三位に至る。南北朝分裂後は北朝に仕えた。興国5年/康永3年(1344年)11月4日に薨去。享年41。

官歴[編集]

※ 以下、『諸家伝』の記載に従う。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『清閑寺家譜』。
  2. ^ 公卿補任』にはなし。