吉田経長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
吉田経長
時代 鎌倉時代前期 - 後期
生誕 延応元年(1239年
死没 延慶2年6月8日1309年7月15日
改名 経長→證覚(法名)
別名 經長(正字)
官位 正二位権大納言
主君 後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇亀山上皇→(伏見天皇後伏見天皇)→後二条天皇
氏族 吉田家
父母 父:吉田為経、母:二条定高の娘
兄弟 経藤中御門経任経長冷泉経頼経源守禅房性、女子(三条公貫室)、女子
葉室定嗣の娘、冷泉経頼の娘
定房隆長冬方頼国清閑寺資房経雅経耀、女子(大炊御門冬氏室)、女子(大炊御門冬氏室)、女子(二条為藤室)
テンプレートを表示

吉田 経長(よしだ つねなが)は鎌倉時代前期から後期にかけての公卿中納言吉田為経の三男。日記『吉続記』が伝わる。

経歴[編集]

寛元2年(1244年従五位下叙爵建長3年(1251年)従五位上・和泉守に叙任され、建長7年(1255年正五位下に叙せられる。

正嘉3年(1259年兵部権少輔に任ぜられる。同年亀山天皇即位するとその側近として昇進。弘長元年(1261年中宮権大進、弘長3年(1263年美濃守を務め、文永3年12月(1267年1月)五位蔵人に補任される。文永4年(1267年)4月5日、邸宅が焼亡。7月10日には山門奉行の経長は譴責され、屏居を命じられるが、詳細は不明とされる[1]。文永5年12月(1269年1月)春宮権大進に任ぜられ、世仁親王(後の後宇多天皇)に仕え、文永6年(1269年)には春宮大進に昇任。文永7年(1270年)に左少弁に任ぜられ、文永8年(1271年従四位下・権右中弁となる。

文永9年(1272年)従四位上、続いて正四位下に叙せられる。文永10年(1273年)には右中弁・右宮城使を務め、後宇多天皇即位後の文永11年(1274年)に右大弁、建治元年(1275年)には蔵人頭に補任され、左大弁に転じた。造東大寺長官を経て、建治3年(1277年参議に任ぜられ公卿に列す。建治4年(1278年)には従三位近江権守に叙任。弘安4年(1281年正三位に叙せられた。

弘安6年(1283年権中納言に進み、弘安8年(1285年)に従二位に昇叙。弘安9年12月(1287年1月)兵部卿を兼ね、正応元年(1288年正二位・中納言に叙任されるが、持明院統伏見天皇が即位しており、大覚寺統の亀山上皇に忠節を尽くす意味で同年辞退した[2]。しかし、朝政からは退いておらず、盛んに活動している。

正安3年(1301年)亀山上皇の孫である後二条天皇の即位に伴って中納言に還任。しかし、正安4年(1302年)11月18日、亀山法皇に無礼があったとして蟄居を命ぜられている。12月5日に出仕が聴され、乾元2年(1303年権大納言に至るが、同年辞退、出家法名證覚延慶2年(1309年薨去享年71。

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 寛元2年(1244年)正月23日:従五位下に叙す。
  • 建長3年(1251年
    • 正月5日:従五位上に叙す。
    • 正月22日:和泉守に任ず。
  • 建長7年(1255年)正月5日:正五位下に叙す。
  • 建長8年(1256年)/康元元年
    • 6月9日:服解す。
    • 7月14日:復任す(父)。
    • 12月13日:得替す。
  • 正嘉3年(1259年)/正元元年
    • 3月29日:兵部権少輔に任ず。
    • 12月13日(1260年1月26日):権少輔を辞す。
  • 弘長元年(1261年)9月26日:中宮権大進に任ず。
  • 弘長3年(1263年
    • 8月13日:美濃守に任ず(中宮御給)。
    • 12月21日(1264年1月21日):得替す。
  • 文永3年12月15日(1267年1月11日):五位蔵人に補す。
  • 文永4年(1267年
    • 4月5日:邸宅焼亡す。
    • 7月10日:譴責、屏居を命ぜらる。当時、山門奉行の職に在り。
  • 文永5年(1268年
    • 12月6日(1269年1月9日):権大進を止む。
    • 12月16日(1269年1月19日):春宮権大進に任ず。
  • 文永6年(1269年)3月27日:春宮大進に転ず。
  • 文永7年(1270年
    • 正月21日:左少弁に任ず。蔵人如元。
    • 2月1日:蔵人を去る。
  • 文永8年(1271年
    • 2月1日:従四位下に叙す。
    • 2月17日:大進如元。
    • 7月2日:大進を辞す。
    • 11月29日(1272年1月1日):権右中弁に転ず。
  • 文永9年(1272年
    • 正月5日:従四位上に叙す。
    • 12月20日(1273年1月10日):正四位下に叙す。
  • 文永10年(1273年
    • 4月12日:右中弁に転ず。
    • 7月1日:右宮城使に任ず。
  • 文永11年(1274年
    • 4月5日:左中弁に転ず。
    • 6月:服解す(母)。
    • 7月29日:復任す。
    • 9月10日:右大弁に転ず。
  • 建治元年(1275年
    • 10月8日:蔵人頭に補す。
    • 12月26日(1276年1月13日):左大弁に転ず。
  • 建治2年(1276年)正月23日:造東大寺長官を兼ぬ。
  • 建治3年(1277年)9月13日:参議に任ず。大辨如元。
  • 建治4年(1278年)/弘安元年
    • 2月8日:近江権守を兼ぬ。
    • 7月17日:従三位に叙す。
  • 弘安4年(1281年)正月5日:正三位に叙す。
  • 弘安6年(1283年)3月28日:権中納言に任ず。
  • 弘安8年(1285年
    • 正月5日:従二位に叙す。
    • 7月17日:帯剣を聴す。
  • 弘安9年12月16日(1287年1月1日):兵部卿を兼ぬ。
  • 弘安11年(1288年)/正応元年
    • 2月10日:卿を辞す。
    • 10月27日:中納言に転ず。
    • 11月26日:辞退。
    • 12月20日(1289年1月13日):正二位に叙す(去大嘗會叙位御給)。
  • 正応2年(1289年)8月2日:本座を聴す。
  • 正安3年(1301年
    • 5月:南院の衆徒を放氏す。
    • 10月24日:還任す。
  • 正安4年(1302年
    • 11月18日:亀山法皇に無礼があり、蟄居を命ぜらる。
    • 12月5日:出仕を聴さる[3]
  • 乾元2年(1303年
    • 正月28日:権大納言に任ず。
    • 10月29日:辞す。
    • 11月18日:出家。
  • 延慶2年(1309年)6月8日:薨去。享年71。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大日本史料文永4年7月10日条。
  2. ^ 本郷和人「吉田経長」(『朝日日本歴史人物事典』)。
  3. ^ 吉続記正安4年12月5日条

関連項目[編集]