甘露寺家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
甘露寺家
家紋
たけにすずめ
竹に雀
本姓 藤原北家勧修寺流嫡流
家祖 藤原為輔
種別 公家名家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京都
著名な人物 甘露寺親長
支流、分家 葉室家(名家)
勧修寺家(名家)
万里小路家(名家)
清閑寺家(名家)
中御門家(名家)
坊城家(名家)
吉田家(名家)
芝山家(名家)
池尻家(名家)
梅小路家(名家)
岡崎家(名家)
穂波家(名家)
堤家(名家)
松園家奈良華族
鷺原家(奈良華族)
竹園家(奈良華族)
中川家(奈良華族)
凡例 / Category:日本の氏族

甘露寺家(かんろじけ)は、藤原北家高藤流勧修寺流)の堂上家家格名家


家の歴史[編集]

設立から南北朝時代[編集]

鎌倉時代の終わりまで「坊城」「吉田」「中御門」などと称していた。吉田経房中御門経任吉田定房などを出した家系である。鎌倉時代に入って多数の分家を創出したが、定房の弟の権中納言隆長が興した一家が結果として現代まで存続し、勧修寺流としてはもっとも長幼の順の高い家系であることから、俗に「嫡流」と呼ばれる。隆長の子息の権中納言藤長のころから、祖先藤原為輔が建立した寺院で自らの号ともした「甘露寺」を家名とした。なお、この時南朝に仕えていた吉田宗房(定房の子)との間で嫡流を巡る争いが生じているが、定房の系統(吉田家)は南朝とともに没落したため、甘露寺家の優位が確立されたのである。

室町時代から江戸時代[編集]

藤長以降、儒道を家業とした。室町時代には甘露寺兼長清長忠長の系統が嫡流であり、伝奏室町殿家司を務めたが、政治的失脚の為に断絶したとみられ[1]、その後は清長の弟である房長の子孫が嫡流とされた。房長の子である親長戦国時代にさしかかろうとする時期に当主を務め、当時の政局や公家社会の様相を知るうえでの重要史料『親長卿記』の記主として著名である。江戸時代家禄は200石。

明治時代から昭和時代[編集]

参議勝長のとき明治維新に至り、勝長の子息義長華族に列し伯爵を授けられた。義長の子息受長は、幼い大正天皇の学友に選ばれたのをはじめ、侍従次長掌典長などとして大正・昭和の両天皇に仕えた。


系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の甘露寺家領は以下の通り。(7村・200石9升4合8勺)

  • 山城国葛野郡松尾谷村のうち - 20石4斗9升2合2勺
  • 山城国葛野郡松室村のうち - 17石6斗9升6勺
  • 山城国葛野郡上山田村のうち - 5石8斗5升
  • 山城国乙訓郡鶏冠井村のうち - 14石
  • 山城国乙訓郡下植野村のうち - 87石1斗2合
  • 山城国乙訓郡石見上里村のうち - 40石5斗
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 14石4斗6升

外部リンク[編集]