正親町三条公仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
正親町三条公仲
時代 安土桃山時代
生誕 弘治3年4月20日1557年5月18日
死没 文禄3年6月26日1594年8月12日
官位 正三位権中納言准大臣
主君 正親町天皇後陽成天皇
氏族 正親町三条家
父母 父:正親町三条実福、母:不詳
勧修寺晴秀の娘
実有中川貞秀豊長三条公広
テンプレートを表示

正親町三条 公仲(おおぎまちさんじょう きみなか)は、安土桃山時代公家公卿)。

堂上家正親町三条家大臣家藤原北家公季流三条庶流)の15代当主。

経歴[編集]

権中納言正親町三条実福の子。室は権大納言勧修寺晴秀の娘。実子に、権大納言正親町三条実有右兵衛佐甘露寺豊長蔵人頭甘露寺経遠の養子)、権大納言・三条公広の室など。

天正13年(1585年)7月13日、参議、のち、正三位権中納言

慶長5年(1600年)6月26日、贈准大臣

系譜[編集]

関連項目[編集]