正親町三条実蔭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「正親町三條實蔭」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
 
正親町三条実蔭
時代 鎌倉時代初期
生誕 正治元年(1199年
死没 仁治2年5月5日1241年6月15日
官位 従三位参議
主君 後鳥羽上皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇
氏族 藤原北家閑院流正親町三条家
父母 父:正親町三条公氏、母:按察使藤原泰通の娘
兄弟 実蔭、実連、教誉、実位、叡澄
道寛の娘
公貫、公行、公蔭、公種
テンプレートを表示

正親町三条実蔭(おおぎまちさんじょう さねかげ)は鎌倉時代初期の公卿。参議従三位備中権守。初名は実茂[1]。父は三条大納言正親町三条公氏、母は按察使藤原泰通の娘[2]。子には公貫、公行、公蔭、公種がいる。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

建保3年(1215年)2月15日、侍従に任ぜられる。建保7年(1219年)1月22日、遠江権介を兼ねる。承久3年(1221年)8月29日、従五位上に昇叙。12月12日、右少将に任ぜられる。貞応元年(1222年)11月22日、正五位下に昇叙[3]元仁元年(1224年)1月23日、従四位下に昇叙。

嘉禄3年(1227年)1月26日、右中将に転任。安貞2年(1228年)1月5日、従四位上に昇叙[4]貞永元年(1232年)1月5日、正四位下に昇叙[5]。貞永2年(1233年)1月24日、相模介を兼ねる。嘉禎4年(1238年)1月22日、前年に薨去した父公氏の喪から明けて復任。4月20日、蔵人頭に補される。

延応元年(1239年)1月24日、参議に任ぜられる。右中将はもとの如し。10月28日、従三位に叙される。延応2年(1240年)1月20日、備中権守を兼ねる。仁治2年(1241年)5月5日、薨去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『尊卑分脈』の記事による。
  2. ^ 『尊卑分脈』の「藤原泰通」の項ではこの女性に関する記述がない。
  3. ^ 宣陽門院当年御給。
  4. ^ 安嘉門院当年御給。
  5. ^ 安嘉門院当年御給。

参考文献[編集]

  • 公卿補任』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※ 延応元年(1239年)に実蔭が参議となった時以降の記事。
  • 尊卑分脈』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※「正親町三条実蔭」、および「藤原泰通」の項。