正親町三条実躬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正親町三条実躬(おおぎまちさんじょう さねみ、文永元年(1264年) - ?)は、鎌倉時代公卿正親町三条公貫(きんつら)の三男。母は藤原為経の娘。兄に正親町三条実仲、子に正親町三条公秀がいる。

大覚寺統に仕え、1285年弘安8年)正四位下右近衛権中将1295年永仁3年)に蔵人頭1298年(永仁6年)に参議1303年嘉元元年)に従二位、同年10月末に中納言になるも、1305年、(嘉元3年)3月に辞任に追い込まれる。1316年正和5年)に権大納言に任じられたが、翌1317年(正和6年)に出家し、法名を実円と号した。鎌倉時代の貴重な日記史料「実躬卿記」を著しており、自筆本だけでも70巻余りが現存し、その大半は重要文化財に指定されている。

参考文献[編集]

関連事項[編集]