元仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

元仁(げんにん)は、日本元号の一つ。貞応の後、嘉禄の前。1224年の期間を指す。この時代の天皇後堀河天皇鎌倉幕府将軍は空位、執権北条泰時

改元[編集]

出典[編集]

周易」の「元亨利貞、正義曰、元仁也」より。

吾妻鏡』貞応3年12月4日条(鎌倉幕府にはこの日に京都から改元の詔書が到着した)には、撰進者は菅原為長とされる[1]

元仁期におきた出来事[編集]

西暦との対照表[編集]

※は小の月を示す。

元仁元年(甲申 一月 二月 三月※ 四月 五月 六月※ 七月 閏七月※ 八月※ 九月 十月※ 十一月 十二月※
ユリウス暦 1224/1/22 2/21 3/22 4/20 5/20 6/19 7/18 8/17 9/15 10/14 11/13 12/12 1225/1/11
元仁二年(乙酉 一月 二月 三月※ 四月 五月※ 六月 七月※ 八月 九月※ 十月 十一月※ 十二月
ユリウス暦 1225/2/9 3/11 4/10 5/9 6/8 7/7 8/6 9/4 10/4 11/2 12/2 12/31

脚注[編集]

  1. ^ 北爪真佐夫「元号と武家」(初出:『札幌学院大学人文学会紀要』第68号(2000年9月)/所収:北爪『文士と御家人』(青史出版、2002年) ISBN 978-4-921145-13-2)。なお、同論文によれば京都で改元の詔書が発せられ、そのことを伝える使者が鎌倉に到着するまでに10日前後かかり、これを受けて幕府でも改元遵行の命令が出されたと言う。

関連項目[編集]