正親町三条実昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正親町三条実昭(おおぎまちさんじょう さねあき、寛永元年11月24日1625年1月3日)‐寛文8年5月7日1668年6月16日))は、江戸時代前期の公卿。おもに明正天皇(109代)・後光明天皇(110代)・後西天皇(111代)の三帝にわたり仕えた廷臣で、官位は従三位参議まで昇った。父は権大納言正親町三条実有。母は不詳。兄に参議正親町三条公高がいる。室に左近衛権中将冷泉為景の娘。子に参議正親町三条公廉権中納言正親町三条実久猶子に左近衛権中将園池公屋がいる。初名は季成(すえなり)。

寛永8年(1631年)叙爵。刑部大輔をつとめていたが、慶安2年(1649年)、前年に薨去した兄公高の養子として正親町三条家を継ぐこととなった。右近衛少将右近衛中将を経て、明暦元年(1655年従三位参議となり、公卿に列するも同年中に辞職している。その後寛文8年(1668年)に薨去。享年45。

関連項目[編集]