甘露寺藤長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
甘露寺 藤長
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 元応元年(1319年
死没 康安元年/正平16年5月4日1361年6月7日
改名 吉田藤長 → 甘露寺藤長
官位 正二位権中納言
主君 後醍醐天皇北朝光厳天皇光明天皇崇光天皇後光厳天皇
氏族 甘露寺家藤原北家勧修寺流
父母 父:吉田隆長、母:素性不詳
猶親吉田定房
兄弟 俊長房長藤長坊城俊実
素性不詳
良藤兼長万里小路嗣房
特記
事項
甘露寺家祖。
テンプレートを表示

甘露寺藤長(かんろじ ふじなが)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿吉田隆長の三男。正二位権中納言甘露寺家の初代当主。


経歴[編集]

伯父の吉田定房猶子となっていたが、延元元年/建武3年(1336年)に建武の新政が倒れ、定房が後醍醐天皇とともに吉野に奔ると、実父の隆長とともに京に残り、北朝方に出仕する。以後、蔵人頭山城権守、造興福寺長官などを歴任し、貞和元年/興国6年(1345年参議となる。貞和4年/正平3年(1348年)、権中納言。延文5年/正平15年(1360年)に正二位に至る。康安元年/正平16年(1361年)に流行の疫病に罹り43歳で薨去

権中納言に進んだ時に、同族で参議としては上臈であった吉田国俊が同時に権中納言に昇進したため、一族の勧修寺経顕葉室長光らと協議して国俊に「吉田」の家名を譲って自らは「甘露寺」と称した[1]。また、当時南朝に与した伯父定房やその子宗房とは、勧修寺流嫡流の地位を巡る対抗関係にあり、祖先の藤原為輔が建立した寺院・甘露寺を家号に定めることで、その意識を明確に示した。その子孫は甘露寺家となり、結果的に定房流を凌いで勧修寺流の嫡流となった。

建武期には雑訴決断所の構成員を務めており、その関係で北朝でも雑訴沙汰を処理する政務機関で職務に当たっている。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 橋本政宣 編『公家事典』(吉川弘文館、2010年) ISBN 978-4-642-01442-7 P467 「甘露寺家」

参考文献[編集]