梅小路家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅小路家
家紋
竹に雀たけにすずめ
本姓 藤原北家勧修寺流庶流清閑寺庶流
家祖 梅小路定矩
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

梅小路家(うめこうじ[1] / うめがこうじけ)は、藤原北家勧修寺流庶流清閑寺庶流堂上家家格名家

家紋は竹に雀、菩提所報恩寺、居所は院参町とした。内大臣清閑寺共房の三男定矩が「梅小路」を称したのに始まる。梅小路とは、現在の京都市下京区梅小路周辺の地名に由来するとされる。

初代・権大納言定矩以降、江戸時代石高は、蔵米50石であったが、明治に至り華族に列し定行子爵に叙せられた。


歴代当主[編集]

  1. 梅小路定矩 (1619 - 1680)
  2. 梅小路共方 (1653 - 1727)
  3. 梅小路共慶 (1682 - )
  4. 梅小路定喬 (1690 - 1727)
  5. 梅小路共経 (1726 - 1745)
  6. 梅小路定福 (1743 - 1813)
  7. 梅小路共之 (1770 - 1786)
  8. 梅小路定肖 (1777 - 1837)
  9. 梅小路共久 (1804 - 1825)
  10. 梅小路定徳 (1812 - 1847)
  11. 梅小路定輯 (1837 - 1855)
  12. 梅小路定明 (1846 - 1869)
  13. 梅小路定行 (1866 - 1942)
  14. 梅小路定雄 (? - ?)

系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、253頁。
  2. ^ 清閑寺秀定の2男。
  3. ^ 清閑寺益房の2男。

参考文献[編集]