藤原顕隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原顕隆
時代 平安時代末期
生誕 延久4年(1072年
死没 大治4年1月15日1129年2月5日
別名 葉室中納言
官位 正三位権中納言
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
氏族 藤原北家勧修寺流
父母 父:藤原為房、母:源頼国の娘
兄弟 為隆顕隆重隆長隆泰隆朝隆親隆
藤原悦子藤原季綱の女)
源顕房の女
顕頼顕能顕長、立子、栄子
テンプレートを表示

藤原 顕隆(ふじわら の あきたか)は、平安時代後期の公卿藤原北家高藤流(勧修寺流)、参議藤原為房の次男。官位は正三位権中納言葉室家の祖。

経歴[編集]

白河院政期初頭の寛治元年(1087年院蔵人となり、父・藤原為房と同じく白河法皇近臣として仕える。寛治2年(1088年従五位下に叙爵し、寛治3年(1089年宮内権少輔に任官する。のち、勘解由次官衛門権佐を務め、寛治4年(1090年)従五位上、嘉保2年(1095年正五位下に叙せられているが、これは2歳年上の兄・為隆より早い昇進であった。

承徳2年(1098年)破格の抜擢により右少弁に任ぜられると[1]、その後、20年以上に亘って弁官を務めた。康和5年(1103年)顕隆の五条高倉第で宗仁親王(のち鳥羽天皇)が誕生し、妻の藤原悦子はその乳母となる。顕隆は宗仁親王に対して誕生以来近侍し、親王の即位後の天仁3年(1110年)から天皇の身辺の用度を掌る内蔵頭を10年近くも務めた。嘉承2年(1107年)には五位蔵人を兼ねて三事兼帯の栄誉に浴している。永久3年(1115年蔵人頭兼右大弁に補せらると、元永3年(1120年従三位に叙せられて、兄・為隆に先んじて公卿に列した。

保安元年(1120年)に藤原忠実が白河法皇の勘気を受けて内覧を停止されると、顕隆の権勢は当たらざる勢いとなり、翌保安2年(1121年)に忠実が関白を辞した際には忠実の叔父・家忠の後継就任案が浮上したが、稲荷祭の際に院近臣として顕隆と法皇の寵愛を競っていた藤原顕季が家忠と密談していたという情報を手に入れると直ちに法皇に反対論を述べてこれを退けさせる[2]など、自らの官職を越えて重要な政策の決定に関わった。『今鏡』によれば、それが夜になってからのことが多かったため、世上「夜の関白」とあだ名されたという。『中右記』には「天下の政、この人の言にあり」[3]とまで述べられており、院政期を代表する政治家の一人である。

保安3年(1123年参議次いで権中納言に任ぜられ、大治3年(1128年)納言7年の労により正三位に至った。大治4年(1129年)正月15日薨去

日記として『顕隆卿記』があり、京都大学総合博物館(勧修寺家本)、及び国立歴史民俗博物館(田中本)に伝わっている。

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

子孫は後世において葉室家を称し、中世・近世を通じて堂上家名家)の一つとして繁栄した。

脚注[編集]

  1. ^ 「左衛門権佐顕隆右少弁に任ぜらる、年二十八云々。世人耳目を驚かす」『中右記
  2. ^ 『愚管抄』巻4
  3. ^ 「天下の政は此の人の一言に在る也、威一天に振い、富四海に満つ。世間の貴賤、傾首せざるはなし。」『中右記』

参考文献[編集]

  • 槇道雄「夜の関白と院政」『院近臣の研究』続群書類従完成会、2001年
  • 『世界大百科事典 第2版』平凡社、2005年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年
先代:
藤原為房
葉室家
初代
次代:
藤原顕頼