源頼国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
源頼国
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 天喜元年(1058年)?
官位 正四位下蔵人左衛門尉讃岐守美濃守
主君 藤原彰子(→敦成親王
氏族 清和源氏摂津源氏多田源氏
父母 父:源頼光
母:藤原元平娘または藤原元尹
兄弟 頼国頼家頼基永壽頼昭源済政室、大江公資室、藤原道綱室、源資通
養兄弟:頼平頼明頼貞頼範孝道相模
藤原信理娘、藤原師長娘、藤原中清娘など
頼弘頼資頼実実国頼綱
六条斎院宣旨国房頼仲師光
頼房頼任富国明円藤原為房室、藤原師実室、藤原顕家室、藤原良綱室、藤原定輔

源 頼国(みなもと の よりくに)は、平安時代中期の武将官人源頼光の長男。

経歴[編集]

父・頼光同様、主ににおける中級官人として活動する。特に藤原道長一族との結びつきが強く、道長の娘上東門院彰子、その所生の皇子敦成親王(後一条天皇)に長きに渡って近侍した。武人としてよりも文人としての活動が主体であり、寛弘4年(1007年)に道長の催した漢詩の会に出席したことなどが記録に見える。内昇殿を許され、娘達を摂政藤原師実参議藤原為房といった公卿の妻妾に配すなど、総じて貴族社会の一員としての側面が強かった。

説話上では、父頼光の酒呑童子退治に四天王藤原保昌らと共に同行し、茨木童子の住居であった「鬼ヶ城」を攻め落とす武士として描かれるが、史実上の頼国に武人としての目立った事跡はなく、寛仁3年(1019年)に暴漢を逮捕したことなど、主に京周辺の警察的活動に従事した。

系譜[編集]

多くの子女に恵まれた。頼実、頼綱、師光は歌人としての活動が知られるほか、頼資、頼綱、国房、師光らの子孫が後代武門として様々な形で歴史に名を刻んでいる。また娘達のうち、師実妻は左大臣家忠花山院家祖)、為房妻は参議為隆吉田家祖)、権中納言顕隆葉室家祖)らをそれぞれ生んだことで知られ、さらに別の娘の一人は歌人「六条斎院宣旨」として名を残している。

関連項目[編集]